エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力自由化で誕生する新ビジネス形態「電力販売業務委託」

   

新電力会社に変わってあなたが電力を販売する!

電力自由化がもう間もなく始まるわけですが、なんと言っても魅力は自由に新電力会社(PPS)を選択し、しかも月々かかる電気代を節約できるようになることです。

PPSによってはガス会社や携帯電話会社などがあるので、セット販売されることでほかの光熱費や通信費、様々な生活費が節約できるようになる可能性も期待できます。

この電力自由化によって電力市場は7兆円規模の市場になると期待されています。ですので、新しく参入するPPSも非常に多いです。現在ですでに100社を超えるPPSが国の審査にも通過して、あとは解禁を待つばかりです。多くの企業が新しいビジネスで儲けられることに期待しているのです。

では、それなりに資本力のある会社だけがこの自由化で利益を得られるのでしょうか。実は一般の人でも個人レベルで利益を享受できるようになります。

それは、電力の販売営業をPPSに代わって行う業務委託の形態です。

電力市場が2016年4月に開放されPPSが活動を開始するわけですが、いきなり競争力が必要になるので、その際に企業の営業担当者だけでは追いつかないでしょう。業務委託で外部契約をした営業担当者がその地域で活動すれば、契約に合わせた利益を受け取ることができるというわけです。

契約は成立1件につきいくらとか、月々の電気代の何パーセントなどといろいろあるかと思いますが、とにかく誰でも参加して、この電力自由化を享受できるのです。

しかも、業務委託なら電力という商材はすでにあるので電話一本あればできるくらい簡単です。起業の費用だって高くありません。
難しく考える必要もなく、大手の会社であってもPPSとして電力を売るのはみんな初心者なのですから、誰もが同じスタートラインなのです。ビジネスチャンスは大きいかと思います。

 

もし業務委託で電力を売るなら、なにかコツはある?

電力自由化に関して業務委託で電力販売の営業をしたい場合、まずは業務委託をしてくれるPPSを探し、契約をすることです。自由化といっても新しい設備を作るわけでなく、これまでにある送電線などを利用するので、地方によって大まかに営業区域が分かれます。
なので、自分が暮らす地域に供給するPPSであることも必須です。

また、PPSは純粋に電力だけを生産する会社は少なく、携帯電話や石油関係、ガス関係などの会社など、ほかにも商材がある会社が多いです。
ですので、そういったPPSの別の得意分野の商品と組み合わせたセット販売があればなお売り込みがしやすいのではないでしょうか。

ライフスタイルでPPSを選ぶ人もいるでしょう。風力や太陽熱、バイオエタノールで発電し、環境に配慮したPPSもそれだけで売り込みやすいですね。

それから、企業オフィスや工場、アパートなども対象になります。実は電力自由化はすでに2000年3月から部分的に自由化が始まっていて、新規ではない既存のPPSは何社かあります。

そういったところと契約している企業などと乗り換えの交渉すれば、PPSの魅力は知っているはずですから、選択肢が増えた今がまた狙い目でもあります。
しかも、当時の部分的自由化の条件は使用規模が2000キロワット以上という、わりと高圧で電気代も多く稼げるという魅力もあります。
契約が取れればかなり大きなリターンも期待できるので、これもひとつの営業のコツと言えます。

このようにまだ誰もスタートしていない今こそ業務委託で営業担当となれば、自由化の恩恵をゲットできるビッグチャンスを掴めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

こんなはずじゃなかった… 電力自由化でこ~んな苦情が上がっている

世の中悪い人がいるものです。電力自由化が始まるというころ、電力自由化を利用した詐 …

2016年4月の全面的な電力自由化の認知度は10人中8人以上!

2016年4月の電力自由化は目前に迫ってきていますね。 電気供給元である新電力会 …

賢く電気料金を節約するため、しっかり電気料金のしくみを学ぼう

2016年4月から電力自由化が始まりました。 まだよくしくみが分からないので、他 …

2016年4月から始まる電力自由化とはどんなこと?

電力の小売りが自由化することで電気代は安くなる!? 日本ではこれまで電力供給は地 …

火力発電所によって異なる3つの発電方法−火力発電の基礎知識

火力発電所は現在日本の電力供給を支える大黒柱の一つです。 石炭、石油等を用いた火 …

電力自由化でなんで配送電分離が必要なの? 

電力の自由化による大きな変化はどの会社も自由に電気を売ることができるようになった …

ガス会社は電気を売りたくてしょうがいない! ガス会社の参入裏事情

もともと国営のガス会社も、民間で長らくプロパンガスを売ってきたガス会社も、電力自 …

電力自由化で見直される再エネ政策

1割強の再生可能エネルギーが2倍になるの?   2030年までに再生可 …

将来の卸電力取引の発展に必要な「先物取引」

欧米などではすでに活発に取引されている電力の「先物取引」。 日本の卸電力取引所で …

ネガワットってなに? 3分で分かります

電力自由化後に良く聞くようになった言葉に「ネガワット」という言葉があります。この …