エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力自由化ではグリーン電力でも電力会社を選ぶことができる!

   

デメリットは割高になる可能性があること

電力自由化で誕生する新電力会社(PPS)は今続々と日本政府の認可を通過しています。
当然、それなりの発電力など最低条件はありますが、それぞれの企業によって発電方法は違っています。
中でも注目されているのが、環境に優しく配慮されたグリーン電力です。

グリーン電力というのはなんとなく想像がつくかと思いますが、二酸化炭素やほかにある有害物質、廃棄物などを排出しないで発電した電力のことです。

よくあるのは風力や太陽熱、バイオマス、マイクロ水力、地熱などで発電したものです。

このように自然エネルギーから生まれた電力は環境に負荷を与えないもの、すなわちグリーンであるというわけですね。

これまでの大手電力会社は化石燃料か原子力などのエネルギーで発電していました。PPSの中にはグリーン電力で電気を供給するところもあります。

発電方法は違っても、実際に利用する際には同じ電気です。品質だって同じです(厳密には違うのですが、大まかには同じです)。

しかし、同じであれば自然エネルギーから生産されたきれいな電力の方が二酸化炭素なども出さないですし、地球の環境保護、温暖化防止などもでき、大きな意味と意義が生まれるのです。

ただ、欠点がひとつあります。
設備に費用がかかったり、発電量が少ない上、天候などにも影響されて安定性に欠ける可能性も出てきます。

そうなるとどうなるのかというと、電気代が高くなってしまうのです。つまり、環境には優しいのですが、利用者の懐に負担がかかってくるのです。

それでも、大きな意味があるという点でグリーン電力を選ぶ人は少なくないかと思います。
環境負荷の少ない自然エネルギーからできたグリーン電力にはお金で買えない意味があるのです。
その点を重視する方に向いているのかと思います。

 

日本らしい大きな問題が発生している!

というわけで、電力自由化でグリーン電力にも期待が集まっているわけですが、なんと今、日本らしい問題が発生していて、PPSはグリーン電力を前面に押し出して販売できない可能性が出てきています。

というのは、今、各PPSは自由化に切り替え直前の最終段階に入っているわけですが、送配電システムとしては全部のPPSが送配電の管理事業者にいったん電気を送り、それを各家庭などに送配電するというクッションが問題になってきているのです。

前述のようにグリーン電力は費用がかかります。

PPSは送配電システムの事業者に共通の料金で電力を買ってもらっても足が出てしまった経費分(差額)は顧客が負担することになります。

間に管理事業者が入ることで各家庭に配電される時点ではグリーン電力もそうでないものもすべてミックスされてしまい、厳密にグリーン電力をそのPPSは販売していないのではないか、という議論になってしまったのです。

オリジナルの送配電システムを利用して顧客に直販すればグリーン電力で間違いないのですが、実際にそんな規模で事業を進めることができるPPSはないでしょう。

ですので、今後議論の結果が待たれるわけですが、グリーン電力を売りにしたいPPSはやや不利になっています。

しかし、どんな状態、どんな結論であれ、送配電システムは今のままですから、いずれミックスされた電気が供給されることになります。

ですので、気持ちの問題でしかないのではないかと思います。

ライフスタイル、信条のひとつとしてグリーン電力を選択したいという人はそれは素晴らしいことであり、議論がどんな結末を迎えようとも、誇りを持っていいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

電力会社を比較するにあたっての4つのポイントを紹介

電気料金だけでなく総合的に見てベストチョイスしよう 電気料金で比較 電力自由化に …

電力自由化は一体いつからどのように始まるの?

電力小売りの全面自由化開始は2016年4月から! 電力自由化は、これまで地域ごと …

将来の卸電力取引の発展に必要な「先物取引」

欧米などではすでに活発に取引されている電力の「先物取引」。 日本の卸電力取引所で …

今回の電力自由化で一般家庭の電気料金が節約できるようになる!?

競争が激化することで、料金にいい影響が出るはず 2016年4月の電力自由化では一 …

電力自由化三大リスクを検証!停電・倒産・値上がり

2016年電力自由化後だれもが心配する三つのリスク 電力自由化がいよいよ2016 …

電力自由化で売電価格が優遇されるかも?太陽光発電がより有利になる可能性が

2016年4月よりスタートする一般家庭向けの電力小売が自由化されるということで注 …

電力自由化後は電力過剰供給になる!?過剰になるとこんな恐ろしい影響が

2015年の9月27日の読売新聞には、九州電力管轄地域で「太陽光発電増えすぎ 停 …

発送電分離の手法は4種類・その中の一つ法的分離とは

日本で法的分離に集約された背景は?   電力自由化と発送電分離 電力自 …

電力自由化に伴い通信業者が続々参入!どんなサービスを組み込んでくる?

  電力自由化に伴い通信業者が続々参入!どんなサービスを組み込んでくる …

電力自由化についてのアンケートでは64%が電力会社を変えたい

認知度は80%を超えるが、すぐに変えたい人は少ない!? 2016年4月に実施され …