エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力自由化ではグリーン電力でも電力会社を選ぶことができる!

   

デメリットは割高になる可能性があること

電力自由化で誕生する新電力会社(PPS)は今続々と日本政府の認可を通過しています。
当然、それなりの発電力など最低条件はありますが、それぞれの企業によって発電方法は違っています。
中でも注目されているのが、環境に優しく配慮されたグリーン電力です。

グリーン電力というのはなんとなく想像がつくかと思いますが、二酸化炭素やほかにある有害物質、廃棄物などを排出しないで発電した電力のことです。

よくあるのは風力や太陽熱、バイオマス、マイクロ水力、地熱などで発電したものです。

このように自然エネルギーから生まれた電力は環境に負荷を与えないもの、すなわちグリーンであるというわけですね。

これまでの大手電力会社は化石燃料か原子力などのエネルギーで発電していました。PPSの中にはグリーン電力で電気を供給するところもあります。

発電方法は違っても、実際に利用する際には同じ電気です。品質だって同じです(厳密には違うのですが、大まかには同じです)。

しかし、同じであれば自然エネルギーから生産されたきれいな電力の方が二酸化炭素なども出さないですし、地球の環境保護、温暖化防止などもでき、大きな意味と意義が生まれるのです。

ただ、欠点がひとつあります。
設備に費用がかかったり、発電量が少ない上、天候などにも影響されて安定性に欠ける可能性も出てきます。

そうなるとどうなるのかというと、電気代が高くなってしまうのです。つまり、環境には優しいのですが、利用者の懐に負担がかかってくるのです。

それでも、大きな意味があるという点でグリーン電力を選ぶ人は少なくないかと思います。
環境負荷の少ない自然エネルギーからできたグリーン電力にはお金で買えない意味があるのです。
その点を重視する方に向いているのかと思います。

 

日本らしい大きな問題が発生している!

というわけで、電力自由化でグリーン電力にも期待が集まっているわけですが、なんと今、日本らしい問題が発生していて、PPSはグリーン電力を前面に押し出して販売できない可能性が出てきています。

というのは、今、各PPSは自由化に切り替え直前の最終段階に入っているわけですが、送配電システムとしては全部のPPSが送配電の管理事業者にいったん電気を送り、それを各家庭などに送配電するというクッションが問題になってきているのです。

前述のようにグリーン電力は費用がかかります。

PPSは送配電システムの事業者に共通の料金で電力を買ってもらっても足が出てしまった経費分(差額)は顧客が負担することになります。

間に管理事業者が入ることで各家庭に配電される時点ではグリーン電力もそうでないものもすべてミックスされてしまい、厳密にグリーン電力をそのPPSは販売していないのではないか、という議論になってしまったのです。

オリジナルの送配電システムを利用して顧客に直販すればグリーン電力で間違いないのですが、実際にそんな規模で事業を進めることができるPPSはないでしょう。

ですので、今後議論の結果が待たれるわけですが、グリーン電力を売りにしたいPPSはやや不利になっています。

しかし、どんな状態、どんな結論であれ、送配電システムは今のままですから、いずれミックスされた電気が供給されることになります。

ですので、気持ちの問題でしかないのではないかと思います。

ライフスタイル、信条のひとつとしてグリーン電力を選択したいという人はそれは素晴らしいことであり、議論がどんな結末を迎えようとも、誇りを持っていいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

バッチ来い! 電気自動車の電気代の質問に答えまくります!!

電気自動車に買い換えようかな。でも電気代っていくら掛かるのだろう?ガソリン車より …

電力自由化には反対意見も・その根拠を3つ紹介

電力自由化バブルが発生…はじけたら安定供給は? 電力自由化で過剰供給の可能性も …

電力自由化が始まってから今現在 予想通りの面と予想通りでない面

ついに電力自由化が始まりました。電力自由化という大きな変化は電力業界や各家庭にど …

電気代の節約に光明?電力の部分供給を解説

電力供給の3種類のスタイルを紹介   電力自由化に伴う電力供給の3モデ …

電力小売全面自由化開始から3ヶ月 本当に自由化は成功するのか

電力小売市場が全面自由化されおよそ3ヶ月が経過しました(執筆時点)。 2016年 …

家庭向け電力自由化の受付開始時期はいつごろから?

光熱費だけでなく、出費全般の節約・削減につながるかも知れない…ということで何かと …

消費者が無駄に負担しないように・電力託送料金に関する調査会で改善するか?

  消費者が割を食わないようにする料金システムに 電力自由化によって、 …

発電所から消費者までの電力供給は電力自由化で変わるの?

送電のシステムを担う3つの部門について理解しよう 電力供給の仕組みを理解しよう …

電力自由化でなんで配送電分離が必要なの? 

電力の自由化による大きな変化はどの会社も自由に電気を売ることができるようになった …

2016年4月に始まったばかりの電力自由化で、現段階で人気のある新電力会社ベスト5

電力小売市場が全面自由化されたまだほんの少ししか時間は経っていませんが、現段階で …