エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力自由化で脱・原発が叫ばれている!

   

全面自由化が日本の将来の明暗を分ける!?

2016年4月。これまで部分的に認められてきた電力自由化が全面的に解禁となり、たくさんの新電力会社(PPS)が誕生し、すべての企業や一般家庭で電力供給元を選べるようになります。
携帯電話のキャリアを自由に選べるように、電力会社も既存の大手のままでもいいですし、新しいPPSに乗り換えてもいいのです。

この自由化の魅力は、多くのPPSが誕生して競争が激化することで電気代が安くなると期待できる点です。
これまで電気代を節約するというとあまり使わないようにしたり、省エネの家電などに買い替えるなど、どちらかというと消極的な対応しかなかったのですが、電力会社そのものを乗り換えてしまうことで、基本料金から見直すことができるようになったのです。

さらに、期待できるのは発電方法での選択です。今回の自由化で何社か見られるのは、環境破壊などに配慮した自然エネルギーを利用した発電です。

例えば風力や太陽熱などがありますが、信条によってもPPSを選ぶことができるようになったのもひとつの特徴です。

これがなにを意味しているかというと、脱・原発をも可能にするのです。
これまで大手電力会社10社が各地域を独占してきたわけですが、その際には安定供給のために原子力発電所、つまり原発を採用してきていた地域もあるわけです。

爆発的な高エネルギーで、ものすごく大きな電力を発電できたのでこれまでは重宝されましたが、ご存知のようにその神話は2011年3月11日に崩れ落ちてしまいました。

この電力自由化で脱・原発を国民が一丸となってできるということで、大きな期待も集まっているのです。
PPSで原発を持つほどの大規模な企業はないですから、PPS選択はすなわち脱・原発といっても過言ではないのです。

自由化の脱・原発でなにが解決されるのか

原発反対派は放射能汚染など、長期的広範囲に渡る絶望的な環境破壊を懸念してのことです。しかし、反対派のほかに賛成派もいますし、どちらとも言えないという人もいます。
自由化によって脱・原発となればたくさんの人がほっと胸を撫で下ろすかもしれませんが、実際、どんな問題が解決されるのでしょうか。

賛成派やどちらとも言えない派はどうして反対に回らないのかと言えば、まず懸念していたのが、原発停止による電力供給不足です。

膨大なエネルギーで発電し、そのおかげで日本が発展していたのも事実です。
たくさんの人が電力化された道具を使って仕事をしています。

しかし、電気がなければそれらはただのゴミになり、仕事もできなくなります。
仕事がなければ稼げないですし、そうなれば飢え死にするしかありません。
反対派の中にはその点を考えていない人もいるようで、賛成派は納得いかなかったわけです。

しかし、今回の電力自由化でたくさんのPPSが誕生します。発電量は大手の電力会社にはおよばないかもしれませんが、原発が停止した分を少しでも補う程度なら期待できます。

つまり、震災以前のような停電の少ない状態が少なくとも可能になるというわけです。
大手電力会社も契約者が分散されれば減るわけですから、原子力に頼らずともよくなるでしょう。

それから、原発のエネルギーの元になる核燃料の処理にも大きな課題があったわけですが、引き続き今の燃料を廃棄する問題はあるとしても、新たにその燃料が必要になることはありませんから、ひとまず大きな問題がクリアできることになります。

原発がなくなれば放射能の不安からも解放されます。ですので、今回の自由化は原発反対派にとっても大きな理由提示にもなり、日本が大きく変わる転換期にもなるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

早くも撤退?電力小売り事業者が撤退せざるを得ない3つの理由

電気自由化が開始してから、300社前後もあった小売電気事業者の数もだんだんと減る …

電力自由化で2016年4月から電気料金規制が撤廃される!

2016年4月電力自由化は一般家庭を含めて全面的に自由化され、電力市場が開放され …

電力会社がポイント導入をする訳とは? 知らない人が多いポイント制度のマジック

電力自由化となって、どんなサービスが展開されているでしょうか? 目に付くのがポイ …

だから原発は再稼動する 3つの理由

福島原子力発電所事故。あれほど大きな事故を起こし、いまだに収束できていない状況を …

家庭向け電力自由化の受付開始時期はいつごろから?

光熱費だけでなく、出費全般の節約・削減につながるかも知れない…ということで何かと …

海外の事例に見る再生可能エネルギーがもたらす明るい未来

再生可能エネルギーは、枯渇の心配がなく自然にも優しいエネルギーとして近年注目され …

供給区域をまたぐごとに課金されていたパンケーキ問題を解消!!
電力自由化でパンケーキ問題が解消されるのはメリット

区域を超えた電力供給を受けると余計なお金がかかる?   パンケーキ問題 …

266もの業者が電気小売に参入 理由はFIT制度というものにあるらしい

電気自由化に入る前の3月25日、経済産業省は266社の小売電気事業者が申請したこ …

卸電力取引−何をするところ?2つの存在意義とは?

日本で唯一電気を市場取引できる機関があります。日本卸電力取引所(JEPX)と呼ば …

電力自由化で発生するかもしれないインバランスという問題

電力自由化が2016年4月に開始されます。 東京電力などの既存の電力会社のほかに …