エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力自由化で原子力発電を脱することができるのか?

   

同じ発電量を太陽熱で得ようとすると・・・

2016年4月の電力自由化が全面的に認められることで今現在、たくさんの新電力会社(PPS)が政府の認可を得て解禁を待っている状態になっています。

自由化で期待されているのは電気料金の低下や安定供給のほかに、原子力発電に頼っていた日本が変わるという点です。

そもそも原子力発電の仕組みをご存知でしょうか。

原子力発電といっても実はほかの発電方法と特に大きな違いはありません。
発電というのは基本的にはなにかの力によって巨大なタービンを回転させ、電気を発生させます。

水力の場合は水の力でタービンを回しますが、ほかの方式――火力(石炭、石油、天然ガス)はそれらのエネルギーで水を水蒸気に変え、その力でタービンを回しています。

原子力は核燃料のエネルギーで高温・高圧の水蒸気を発生させ、タービンを回しているので、基本部分はほかの発電方法と同じなのです。

原子力発電では100万キロワットの発電量があります。

これは装置の新旧によっても違うのですが、概ねの平均値です。

現在日本では震災によって稼働率がかなり下がり、ほとんど動いていないような状態なのはご存知の通りです。

震災直後は電力の不足で計画停電などもありましたが、今はだいぶ落ち着いています。
今回の自由化ではPPSが増えることで不足しがちだった電力も補えるといわれています。

ただ、原子力発電で発生する100万キロワットを太陽熱で得ようとすると、山手線の内側とほぼ同じ面積に太陽光発電装置を敷き詰めないといけなくなります。
それほど原子力発電は膨大な電気を発生させていたので、そう簡単に自由化で電力供給が追いつくとは思いませんが、少なくとも放射能などの環境への不安が軽減されると期待されています。

 

自由化で原子力発電から遠ざかる日本を作る!

このように、いずれにせよPPSだけで稼動停止した原子力発電による発電量を補うことは非常に困難だということはわかりますね。

しかし、このまま2000年に始まっている一部自由化だけで日本の電力市場が推移しても不安しか残りません。

原子力発電が好ましくないと大半の日本国民が思っている中、大手の電力会社は火力発電に頼ってきているわけです。
これはこれで二酸化炭素などが大量に発生し、環境破壊にも繋がるわけですから、なんとか阻止しなければらないわけです。

そこで注目されるのが、自然エネルギーを利用した環境に優しいグリーン電力です。
風力や地熱、太陽熱にバイオエネルギーなど、様々なものがあります。

先ほども書いたように太陽熱なんかだと原子力発電には到底およばないわけですが、それでも放射能の問題や使用済みの核燃料の処理などを考えるとまだマシであると言えます。

PPSが増えれば、電力供給に関してなんとか安定化が図れるわけですし、発電方法にまで踏み込んで検討すれば、これまで失いつつあった日本の不安な未来に一筋の光が見える可能性もあるわけです。

電力自由化は単に一般家庭の電気料金の節約の問題ではなく、このように環境や脱・原子力発電への大きな一歩でもあるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

電力自由化において重要な タテ ヨコとは

どうしたら電力自由化は成功するのか?日本国には日本経済が発展するためには何が必要 …

電力自由化でのりかえしてみたい!費用・工事はどうなの?

乗り換えると電気料金が安くなる可能性は高い? 電気料金が安くなる仕組み 電力自由 …

アメリカで進む電力自由化−海外の現状はどうなってる?

1990年代後半から電力自由化が進んでいるアメリカ。 日本はアメリカほど電力需要 …

水力発電-日本の豊かな自然の資源を使った3種類の発電方式

日本には豊かな水の資源があります。 そして昔から水車を使ってさまざまな仕事をして …

先を見越して電気を買う、3種類の卸電力取引「先渡市場・先渡定型取引・先渡市場取引」−卸電力取引の基礎知識

「先渡市場」は、将来のある1週間、1ヶ月、さらには1年の単位で電力を取引する市場 …

電気事業で必須の3つの用語 −クリーンダークスプレッド・スパークスプレッド・ダークスプレッド どんな意味があるの?

2016年4月から電力自由化が始まりました。電気事業の企業であれば、利益をある程 …

今回の電力自由化で一般家庭の電気料金が節約できるようになる!?

競争が激化することで、料金にいい影響が出るはず 2016年4月の電力自由化では一 …

火力発電所によって異なる3つの発電方法−火力発電の基礎知識

火力発電所は現在日本の電力供給を支える大黒柱の一つです。 石炭、石油等を用いた火 …

ガス会社は電気を売りたくてしょうがいない! ガス会社の参入裏事情

もともと国営のガス会社も、民間で長らくプロパンガスを売ってきたガス会社も、電力自 …

「電力自由化の負の影響」それは「不確実な価格変動」!?私達がとるべき対策を解説

2016年4月から家庭向けの電力供給が「自由化」となります。いわゆる「電力自由化 …