エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力自由化でバイオマス発電が注目される?

   

バイオマス発電で脚光の当たりつつあるバイオマスエタノール

まずはバイオマス発電の仕組みから

電力自由化になって、発電の方式もいろいろなものが登場してくると予測されています。その中で注目を集めているのが、バイオマス発電です。

英語でBiomassと表記し、生物資源を発電の材料とするアプローチになります。有機性資源と言いますが、木質資源や下水、家畜の糞尿といった動植物から生まれたものを熱源とするわけです。

これらの生物資源を使って固定燃料を作成します。

そして固定燃料を燃やして生じた蒸気を使ってタービンを回し、それで発電をするスタイルになります。
下水や家畜の糞尿などは発酵させるとメタンガスを生じさせます。
いわば、メタンガスをエネルギーに変えることで電力供給をする方法といえます。

下水や家畜の糞尿などは、いくらでも出てきます。
このため再生可能エネルギーとして、エコにも貢献してくれるのではないかということで電力自由化のもとで注目され始めています。

 

石油と石炭との違い

ここまで説明を聞いていて、疑問に感じた人もいるかもしれません。
石炭と石油を燃やす火力発電と大きな違いがないのでは、という疑問です。

確かに発電の仕組み自体は大きな違いはありません。また石油や石炭は、化石燃料ですからある意味生物資源ともいえなくもありません。

しかし両者には明確な違いがあります。それは時間の問題です。

バイオマスの場合、生物から自然に生まれたものを燃料として発電をします。

その中で余計な熱が発生してしまいますが、これはもともと大気中にあった二酸化炭素を元に戻す行為とも言えなくもありません。
具体的に見ていきましょう。

植物の場合、二酸化炭素を吸収して光合成を行っています。
もしその植物を燃料にしても、それで発生してくる二酸化炭素は植物がもともと大気中にあったもので、それを元に戻しているだけとも言えます。

もともとあったものを自然に返しているので、二酸化炭素の増加や地球温暖化の原因とならないわけです。

では石油や石炭はどうでしょうか?
石炭も石油ももともとは生命資源なので、もともと大気中にあった二酸化炭素を元に戻している所までは一緒です。
ところがそのペースが異なります。

石炭や石油の場合、何億年も前の植物などによって作られています。
つまり数億年前の二酸化炭素を数十年とか数百年程度のペースで排出することになって、二酸化炭素の増加の原因となってしまいます。今あるものを元に戻すのか、数億年前の二酸化炭素を戻すのかで地球環境に与える影響は大きく変わってくるわけです。

 

バイオマス発電の中で注目を集めるバイオマスエタノール

バイオマス発電の中でも、注目を集める燃料としてバイオマスエタノールがあります。
バイオマス発電の場合、石油や石炭を使った火力と比較して発電効率の弱いのがネックでした。
バイオマスエタノールとは、サトウキビやトウモロコシから作られたものでガソリンの1/3程度の燃料効率と言われています。

まだ石油や石炭と比較すると、燃焼効率の部分では劣るかもしれません。
しかし今バイオマスエタノールの研究が世界中で行われていて、エネルギーとしてのポテンシャルはかなり高いといわれています。
環境悪化を防ぎながら、もしかすると今後、火力発電と比較してもそん色ないだけのエネルギーになるかもしれないのです。

 

バイオマス発電が化石燃料の消費を助長?

ここまで見るとバイオマス発電は魅力的なエネルギーと思えるかもしれません。
でも実際にはまだ克服すべき課題もあります。

実はバイオマス発電の原料を取り出すために化石燃料が使われているのです。

たとえば先ほど紹介したバイオマスエタノールの場合、トウモロコシやサトウキビを収穫しないといけません。
そして発電所まで運ばないといけませんが、おそらくトラックや船舶を利用するでしょう。

そうなるとトラックや船舶を動かすための石油が必要になるわけです。
このため、獲得できるバイオマスとそのために消費した化石燃料を比較すると、化石燃料の方が多かったという笑えない話も生まれかねません。

また先ほど紹介したトウモロコシやサトウキビを燃料として大量に消費することになれば、本来の食料として回せる量も少なくなってしまいます。
そうなると、トウモロコシやサトウキビの食料品としての価格が上昇し、私たちの家計に悪影響をもたらす可能性も出てくるかもしれません。

バイオマス発電は地球にやさしい発電である一方、このような克服すべき課題もあるという点を理解しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

電力小売全面自由化開始から3ヶ月 本当に自由化は成功するのか

電力小売市場が全面自由化されおよそ3ヶ月が経過しました(執筆時点)。 2016年 …

電力自由化で発生するかもしれないインバランスという問題

電力自由化が2016年4月に開始されます。 東京電力などの既存の電力会社のほかに …

電力自由化でなんで配送電分離が必要なの? 

電力の自由化による大きな変化はどの会社も自由に電気を売ることができるようになった …

使うと高くなる電気料金のしくみ!オール電化にすると余計に高くつく?

時代の流れを見ると「オール電化にした方が電気代が安くなる!」と捉えられがちです。 …

電力自由化で売電価格が優遇されるかも?太陽光発電がより有利になる可能性が

2016年4月よりスタートする一般家庭向けの電力小売が自由化されるということで注 …

自由化をもう一歩踏み込んで見ると電気代は安くならないことがわかる ユニバーサルシステムとは

電力事情を一歩踏み込んで見ると違ったものが見えてくる 電力自由化は、「電力を売る …

電力自由化に伴う大手通信キャリアの戦略は?ユーザーにメリットはあるのか

2016年4月からスタートする電力改革に伴う小売の全面自由化。 実に多様な業種が …

水力発電-日本の豊かな自然の資源を使った3種類の発電方式

日本には豊かな水の資源があります。 そして昔から水車を使ってさまざまな仕事をして …

電力自由化はメンテナンスの自由化を生む-こんな恐~い影響が予測される

電力自由化はメンテナンスの自由化をも生む 電力自由化になって変化することは電気が …

電力自由化でのりかえしてみたい!費用・工事はどうなの?

乗り換えると電気料金が安くなる可能性は高い? 電気料金が安くなる仕組み 電力自由 …