エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力自由化で新規サービスも!ポイントサービス利用できる可能性が

   

主要3ポイントシステムはすでに電力会社と提携も

 

顧客獲得の有効策・ポイントシステム

電力自由化によって、一般家庭でもどの電力会社と契約を交わすことが可能になります。すでに複数の企業が電力業界に参入していて、激しい顧客獲得競争が進められています。

いろいろと独自のサービスや料金プランを提示して、新規顧客の獲得を目指す戦略が寝られています。

その中の一つに、ポイントシステムの導入があります。電気料金の一部がポイント還元するサービスで、実質上は電気料金の割引に結び付くとして注目を集めています。

すでに一部電力会社は既存のポイントシステムと提携して、サービスの提供に動いています。

以下では主要な3つのポイントシステムと電力会社との関係について紹介します。
次に紹介するポイントサービスを利用している人は、提携先の電力会社と契約すれば、より効率的にポイントが稼げるかもしれません。

 

Tポイント

大手レンタルビデオ店のTSUTAYAの提供するポイントプログラムが、Tポイントです。

出典:tsite

TSUTAYAの他にもファミリーマートやガストなど、いろいろなジャンルのお店と提携していて、日本全国に39万店舗程度Tポイントの使えるお店があります。

Tポイントは、東京電力とJX日鉱日石エネルギーと電力自由化における業務提携をすでに発表しています。

これらの電力会社と提携を結べば、電気料金の一部がポイントに還元されるでしょう。
ちなみにTポイントは、1ポイント1円として扱われ、ポイント還元率は1%となっています。

Tポイントに加盟しているコンビニなどで電気料金の支払いが可能になります。
さらに今後ファミリーマートなどTポイントの利用できるコンビニで、新規契約や契約プランの変更手続きもできるかもしれません。今まで以上の電力会社が身近に感じられるのではありませんか?

 

Pontaポイント

Tポイントと日本のポイントプログラムの中でも双璧と言われているのが、Pontaポイントです。

ローソンやケンタッキー、レンタルショップのゲオなどで利用でき、日本全国で24000店舗弱が加盟しているといいます。

出典:point.recruit

ちなみにリクルートのポイントとPontaポイントがこのたび一本化されました。
じゃらんやホットペッパーなどのサービスもPontaポイントで利用できるので、利便性はさらに高まると見られています。

ちなみにPontaポイントは、東京電力と提携することを発表しています。電気料金とポイントシステムを連動させることで、より効率的にPontaポイントを貯めることも可能です。

先ほど見たように東京電力では、Tポイントとの提携も発表しています。中にはTポイントとPontaポイントの両方利用している人もいるでしょう。
この場合ポイントがどの程度貯まっているかで、2つのうちいずれのポイントを貯めるか皆さんが自由に選択できます。
PontaポイントもTポイントと一緒で、1ポイント1円の扱いで還元率は1%となります。
どちらの加盟店をより利用しているかで、両方のポイントを利用している人は電気料金をどちらのポイントに交換するか考えると良いでしょう。

 

楽天スーパーポイント

オンラインショッピングを利用している人も多いでしょう。
24時間いつでも好きな時にショッピングできるので、仕事などの都合で夜帰宅するのが遅い人の間で人気です。

出典:point.rakuten

オンラインショッピング大手の楽天では、楽天スーパーポイントと呼ばれるポイントプログラムを提供しています。1ポイント1円で、還元率は1%ですが、キャンペーンも頻繁に実施していて、通常の何倍ものポイントを稼げることもしばしばです。
この楽天ですが、電力自由化を見据えていろいろな電力会社と提携を進めています。丸紅や東日本でLPガスの供給を行っているクレックスと提携することを発表しています。楽天は今後電気やガスに関して、楽天スーパーポイントを活用するサービスなどを提供する予定だといいます。

楽天スーパーポイントは、楽天グループ以外でもポイントを活用できる場はあります。たとえばサークルKサンクスやミスタードーナツといった実店舗でも利用可能です。
ちなみに楽天スーパーポイントの利用できるお店は、日本全国に42000店舗程度あります。

その他にも関西電力も楽天スーパーポイントと関係しています。関西電力では「ぱぴeみる電」楽天スーパーポイントと呼ばれるオンラインサービスを提供しているのですが、こちらに新規登録すると楽天スーパーポイントが500ポイントもらえるキャンペーンを実施しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

電力自由化でしばしば登場してくる発送電分離とはそもそも何?

発送電分離をすることによって生じるメリットとデメリットは? 送配電部門が独立する …

今回の電力自由化で一般家庭の電気料金が節約できるようになる!?

競争が激化することで、料金にいい影響が出るはず 2016年4月の電力自由化では一 …

電力自由化によって品質がダウンすることはあるの?

そもそも「電気の品質」とはどのようなものなのか?   電気の品質とは? …

電力自由化は原発廃止にも期待がかかる

簡単に廃止できるものではないのも現実 電力自由化で消費者が自由に新しい電力会社( …

家庭向けの電力販売でクーリングオフはできるの?どんな条件で?

いよいよ2016年4月から電力自由化が始まります。 すでに店頭やインターネットで …

だから原発は再稼動する 3つの理由

福島原子力発電所事故。あれほど大きな事故を起こし、いまだに収束できていない状況を …

日本で再生可能エネルギーの増えない理由を種類別に紹介

  太陽光発電の増えない理由 電力自由化で、再生可能エネルギーが普及す …

電力自由化後は電力過剰供給になる!?過剰になるとこんな恐ろしい影響が

2015年の9月27日の読売新聞には、九州電力管轄地域で「太陽光発電増えすぎ 停 …

オール電化の家庭、電力自由化による契約プラン変更はお得なの!?

2016年4月に予定されている「電力自由化」。 企業だけでなく一般家庭でも、新し …

次々と新電力に参入する外資企業 日本にとってもプラス、マイナス?

電力販売に続々参入する外資系企業 日本政府はこのたび電力自由化での外資参入規制を …