エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

使うと高くなる電気料金のしくみ!オール電化にすると余計に高くつく?

   

時代の流れを見ると「オール電化にした方が電気代が安くなる!」と捉えられがちです。

確かにそうなのですが、全ての人が無条件でオール電化の方がお得になるとは限りません。しかし一方でお得になっている人もたくさんいます。

どうしてこういうことになるのか、といえば、日本の電気事情の「使えば使うほど高くなる」というシステムが大きな鍵となりそうです。

オール電化プランで損する人は?

各電力会社によって若干内容に差異はありますが、ほぼ全てオール電化プランは安い単価と高い単価の組み合わせになっています。

地域全体で消費電力が多い日中は単価が高く、消費電力が少ない夜間は単価が低いことが多いです。

しかしライフスタイルによっては、日中は家にいて、夜間はほとんど電気を使わない…という方もいらっしゃると思います。
そうなると「安いのは深夜だけから暖房や給湯はガスの方が安く済ませられる」というケースも出てきます。

 

段階制料金で使うほど高くなる

電気料金プランにもよりますが、段階制料金を導入しているものもたくさんあります。

そもそも電気料金プランには「段階制料金」「固定性料金」があって、多くは段階制料金が採用されています。

段階制料金は、一度にたくさんの電気を使うほど料金の単価が上がる仕組みです。

例えば東京電力の従量電灯BCプランを見てみましょう。

  • 1段料金(~120kWh):19.43円
  • 2段料金(120kWh~300kWh):25.91円
  • 3段料金(300kWh~):29.93円

※2016年2月のデータ

最も料金単価が低い1段料金に抑えるには、1ヶ月あたり120kWh以下に抑える必要があります。となると、オール電化にすると厳しいですね。
ライフスタイルにもよりますが、ほぼ間違いなくガスと併用してspan class=”txtbgyl”>光熱費を分散させないと達成できないと思います。

 

自由化でプランが豊富に!選択肢が広がるかも?

電力自由化がスタートすれば、間違いなく新規参入会社からオール電化向けのお得なプランが提供されるようになるはずです。

既にありますが、固定制料金設定だったり、オール電化割プランがより充実したり…といったことが予想されます。

もちろんできるだけ電気代を節約することで、使用量に応じて高くなる電気単価を上げないようにすることも大切ですが、もっと根本的なプランが見直せるようになる、選択肢が広がるのは私たち消費者にとってメリットになってくれると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

電力自由化でバイオマス発電が注目される?

バイオマス発電で脚光の当たりつつあるバイオマスエタノール まずはバイオマス発電の …

2016年4月から始まる電力自由化とはどんなこと?

電力の小売りが自由化することで電気代は安くなる!? 日本ではこれまで電力供給は地 …

電力の需要はどのように満たされているの?DSSとWSSについての基礎知識

電力の需要は刻々と変わります。電力需要で一番小さな単位であるわたしたちの家庭では …

電力自由化で期待される新しいビジネス創出のための企業提携

2016年4月電力自由化では大規模な市場拡大が見込まれ、多くの企業が参入を目論ん …

電力自由化後は電力過剰供給になる!?過剰になるとこんな恐ろしい影響が

2015年の9月27日の読売新聞には、九州電力管轄地域で「太陽光発電増えすぎ 停 …

巷を騒がせている電力自由化・その狙いはなにか?

競争の原理を導入することでよりサービスの利便性を高める   競争の原理 …

電力自由化は賃貸物件でも利用できるの?

規模によってはすでに新電力会社を使っている可能性がある 2016年4月の電力自由 …

「電力自由化EXPO」で電力自由化の情報が改めて紹介される!

ただし、現状は一般市民向け開催ではない 2016年4月に電力の小売りが全面自由化 …

電力自由化で2016年4月から電気料金規制が撤廃される!

2016年4月電力自由化は一般家庭を含めて全面的に自由化され、電力市場が開放され …

先を見越して電気を買う、3種類の卸電力取引「先渡市場・先渡定型取引・先渡市場取引」−卸電力取引の基礎知識

「先渡市場」は、将来のある1週間、1ヶ月、さらには1年の単位で電力を取引する市場 …