エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

家庭向けの電力販売でクーリングオフはできるの?どんな条件で?

   

いよいよ2016年4月から電力自由化が始まります。

すでに店頭やインターネットで勧誘などを受けたことのある方もいらっしゃるかもしれません。インターネットのプロバイダーなどの契約とは異なり、生活のライフラインである電力を切り替えることを不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。わたしたちの多くは少しでも電気代を節約したいと考えていることでしょう。

大切な契約をする前に考えてみたいのはどんなことでしょうか?家庭での電力供給でクーリングオフはできるのだろうか、またどんな条件でできるのだろうか?これらのことを知っておくことは大切です。でもまず最初に、そもそもクーリングオフとはどんな法律でしょうか?そしてどんな条件のもとでクーリングオフができるのかを見てみましょう。参照できるのは電力取引監視委員会のHPです。

そもそもクーリングオフとは何?

本来クーリングオフとは、突然セールスが来て、自分の意思がはっきりしないまま契約してしまった、そうした消費者を保護するために設けられた法律です。

なので、店頭に行って契約するなど、自分の意思で契約したとみなされるものには適用されないということを理解しておく必要があります。つまり、電力自由化にともなって、店頭やインターネットで契約した場合には、クーリングオフが適用されないことになります。では次にどんな条件を満たすと家庭での電力でクーリングオフができるのでしょうか。

クーリングオフはある一定の条件を満たして初めて可能

最初にクーリングオフといっても契約の時期によって種類があります。家庭での電力のクーリングオフについて2点の条件が載せられています。これは特商法に基づくクーリングオフですが、条件1)2016年4月1日より前に、条件2)訪問販売または電話での勧誘で契約をした。以上の2点の条件が揃っていなければなりません。まずこの2点を覚えておく必要があります。

そして、2016年4月1日以降については、自由料金メニューは訪問販売等に係るクーリングオフの対象となります。Q&Aを見ると適用除外の対象もありますので注意深く読む必要があります。そして、クーリングオフは契約書面を受領した日からはじめて8日間以内に行なわなければなりません。

電力の自由化によって、少しでも電気代を節約し、賢く生活するのはわたしたちの願いです。そして法律によってクーリングオフが保証されているので安心です。でも最初にクーリングオフの条件をしっかり知っておくことが大切です。

インターネットですぐに契約ができるので便利ですが、契約をする前によく条件を調べ、賢く節約できるようにしましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

電力自由化後の電気小売事業者の長~い供給約款 かいつまんで説明 

約款はとても長くて読めない、そして難しい 電力自由化後、たくさんの電気小売業者が …

電力自由化開始3か月で見えてきた特徴・傾向を紹介

電力自由化後に切り替えが急増 2016年4月に電力の全面自由化が始まりました。メ …

蓄電池を導入すれば自由化で混乱が起きても電気を備蓄できる!

電力自由化では新電力会社であるPPSとの契約で電気代が安くなるなどのメリットが期 …

家庭向け電力自由化の受付開始時期はいつごろから?

光熱費だけでなく、出費全般の節約・削減につながるかも知れない…ということで何かと …

再生可能エネルギー普及を妨げる「高コスト」問題検証と「低コスト」化への道筋考察

太陽光や風力・バイオマスといった再生可能エネルギーは、環境に優しいエネルギーだと …

電力自由化で見直される再エネ政策

1割強の再生可能エネルギーが2倍になるの?   2030年までに再生可 …

電力自由化三大リスクを検証!停電・倒産・値上がり

2016年電力自由化後だれもが心配する三つのリスク 電力自由化がいよいよ2016 …

関西電力が採用している2本継ぎ電柱は敵に塩を送る行為?

持ち運び便利な電柱 電柱の新しいスタイルとして、2本継ぎ電柱が注目を集めています …

人口減少に少子高齢化・エネルギー問題とどう関係してくる?

日本の人口は今後減少する 日本の人口は今まで増え続け、1億人をすでに突破していま …

電力会社がポイント導入をする訳とは? 知らない人が多いポイント制度のマジック

電力自由化となって、どんなサービスが展開されているでしょうか? 目に付くのがポイ …