エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

スマートハウスと電力自由化の関係ー最も節約できるプランはどれ?

   

スマートハウスとはなに?

近年各家庭での電力消費を抑えたいという考えから、「スマートハウス」と呼ばれるITでエネルギー消費を管理する住宅が増えています。今までも太陽光発電のパネルなどを見かけたことがあるかもしれませんが、スマートハウスはただ発電して節約するというだけではありません

その電力を蓄電器で貯めたり、住宅での家電などをコントロールして無駄な電力を消費しないように設計される、まさに「スマート」な家です。2016年4月から始まる電力自由化とスマートハウスにはどのような関係があるでしょうか?電力自由化でスマートハウスのメリットがどのように増えるのでしょうか。

スマートハウスの「貯める」機能が電力自由化によるプラン変更で効果を発揮する

近年本格的に大手の住宅メーカーから蓄電器がついている住宅が販売されています。蓄電器の利用は電力自由化と大きな関係があります。例えば、電力の料金プランの中には、朝方に電気代が安くなるものや、反対に夜中に安くなるものがあります。こうした安い時間帯に電気を貯め、それらを活用することで節約につながるという訳です。

さらに太陽光発電システムがあるなら、日中に太陽光でつくった電力を貯めて夜間に使用できるというメリットもあります。このようにスマートハウスの「貯める」機能が電力自由化のプランで効果を発揮することが分かります。さらにスマートハウスのどんな機能が電力自由化と関係しているでしょうか?

ITによるエネルギーの管理が電力自由化による料金プランに影響する

スマートハウスの技術の中心になるのが、HEMSと呼ばれるホームエネルギーマネジメントシステムです。これは家全体の電気やガス、家電などがつながっていて、画面で家全体の電気使用量が分かると同時に、自動的に各家電等を制御できる機械です。それで一番のメリットは、全体的な電力消費を抑えられ、節約につながります。

HEMSを設置するメリットは主に2つあります。いつ電力をどれくらい消費しているのかが「見える」ということ、そして「貯める」ということです。これは電力自由化とどんな関係があるでしょうか?わたしたちの生活で電力の使用の仕方がわかると、それに見合った料金プランを選ぶことができるようになります。朝方に電力を多く使いますか、それとも夜にでしょうか。

ご家庭によっては週末に電力消費が増えるのが「見える」ようになるなら、電力自由化によって料金プランをそれにあったものにすることができます。

政府は2030年までにすべての家庭にHEMSを設置する目標を掲げています。しかし現時点でスマートハウスと電力自由化による関係性でメリットを実感できる機会はまだ多くないかもしれません。

今後、電力自由化にともなう料金プランがさらに増えることが考えられます。それでこの機会にわたしたちの電力消費パターンを見なおし、節約のチャンスがないかリサーチしてみるのはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

いい電力会社とプランの選び方 ポイントはこの3つだけ

電力自由化に伴ってたくさんの小売電気業者も電気を売り出し始めました。 果たしてど …

電力自由化には反対意見も・その根拠を3つ紹介

電力自由化バブルが発生…はじけたら安定供給は? 電力自由化で過剰供給の可能性も …

電力自由化は電力会社のライセンス制?条件や課題は?

電力の全面自由化を柱にする電気事業法改正案が成立。 これにより、2016年4月か …

電力自由化で新規参入を希望しているのは700社以上!

2016年4月電力自由化に伴い、新電力会社として参入を表明しているのは700社以 …

電力自由化はメンテナンスの自由化を生む-こんな恐~い影響が予測される

電力自由化はメンテナンスの自由化をも生む 電力自由化になって変化することは電気が …

電力自由化に伴い通信業者が続々参入!どんなサービスを組み込んでくる?

  電力自由化に伴い通信業者が続々参入!どんなサービスを組み込んでくる …

知っていますか?スマートメーターのデジタルデータにはこんな恐ろしい危険が

スマートメーターが電力自由化に伴って随時設置されていきます。専門家の間ではスマー …

電気の大量消費先の病院・電力自由化で電気代をセーブできる?

今後の電力の安定供給に不安も…対策を講じるべし   何百万円単位で発生 …

早くも撤退?電力小売り事業者が撤退せざるを得ない3つの理由

電気自由化が開始してから、300社前後もあった小売電気事業者の数もだんだんと減る …

電力自由化で電力会社が増えると停電という問題が発生するのでは?

電力自由化が目前となった現在、いよいよ多くの方が電力自由化を具体的に考え始めてい …