エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

今回の電力自由化で一般家庭の電気料金が節約できるようになる!?

   

競争が激化することで、料金にいい影響が出るはず

2016年4月の電力自由化では一般家庭でも電気料金を見直すことができるようになり、電気料金の節約が可能になります。

電気料金や水道料金など生活に必要な公共料金というものはなかなか値下げのしようがなく、節約するにはあまり使わないという消極的な方法しかありませんでした。

これまでは多くの国もそうであるように、政府が電力に関しては東京電力などの地域の電力会社が独占して電気を販売することを許していました。

その代わりに料金は政府が指定していたので、節約をしようにもできなかったわけです。

しかし、経済的に発展した日本では巨大な電力会社が独占して事業を推進するよりも、たくさんの電力供給会社と競わせた方が市場に見合っているとされ、長い間協議がされてきました。
そして、2016年4月に実際に全面的な自由化が認められたのです。

電力自由化ではたくさんの企業が新参電力会社(PPS)として名乗りを上げており、選択肢が増えることでそれが料金にいい影響を与えると考えられています。

すでに審査を通過しているPPSは119社にも昇り、様々なサービスとのセット販売でさらに電気代のお得感を演出してくれます。

ただ、送電線などの設備は現在の電力会社のものを利用するので使用料などがかかり、どこまで値下げできるかどうかはまだ不透明な部分があります。

恐らく値下げには繋がるだろうという見解が多いのは確かですが、不安材料がなくはないのが現状です。

一般家庭のPPSの選び方のコツ

ライフスタイルをどのようにするかで変わってくるかと思いますので、その点をしっかり決めて新参PPSを選択しましょう。

例えば、すでに登録が済んでいるPPSの中に携帯電話のKDDIなどもあります。

これは携帯電話料金の設定などと組み合わせるセット販売に期待できるので、携帯料金も合わせて割り引きにしたい人には間違いなくお得です。

ほかには石油関係、ガス関係などの会社もあります。ガソリンやキッチンのガスといった商品とのセット販売も期待できます。

電気料金は上がると言われていますが、風力や太陽熱、バイオエタノールなどによる環境に優しい方法で発電するPPSも選択肢にあります。
これらは発電にコストがかかりますし、天候などの原因に左右されるので安定供給にも不安が残ります。

しかし、環境を考える人にとってはこういた選択肢は嬉しいのではないでしょうか。

一般家庭がPPSを選択するには、すでに登録済みのPPSだけでも119社に及ぶので、なかなか困難な道のりです。

どの会社がどのようなサービスをひっさげて電気料金に還元するのかが複雑なのです。
携帯電話料金もサービス方法や料金体系が複雑ですが、今後電気料金もそのようになる見込みというわけです。

しかし、心配はいりません。
この点の問題点はすでに多くの人が注目しており、恐らく料金比較サイトなどがたくさん登場することになるかと思います。

一般家庭でもそういったサイトなどで比較しながら、より自宅に見合った料金体系に巡り会うことができ、大きな節約の一歩を踏み出せます。

もちろん現在の電力会社と継続して契約することもひとつの手段です。

2016年4月の電力自由化は、一般家庭にとっても大きな方向転換のきっかけになることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

自由化に伴う電気とガスの基礎知識を改めておさらい!

2016年よりスタートする電力自由化。 そして2017年からスタート予定のガス自 …

海外の事例に見る再生可能エネルギーがもたらす明るい未来

再生可能エネルギーは、枯渇の心配がなく自然にも優しいエネルギーとして近年注目され …

電力自由化によって品質がダウンすることはあるの?

そもそも「電気の品質」とはどのようなものなのか?   電気の品質とは? …

電力自由化で懸念されるのは新電力会社の技術力

新電力会社に移行しても技術的に安定供給は可能? 電力自由化が2016年4月に行わ …

ロードカーブの基礎知識−ロードカーブとは何?なぜ必要なの?

ある猛暑の夜に、エアコンのついた部屋の中でドライヤーを使おうとしたとたん、部屋が …

266もの業者が電気小売に参入 理由はFIT制度というものにあるらしい

電気自由化に入る前の3月25日、経済産業省は266社の小売電気事業者が申請したこ …

電力自由化に伴うセミナーを覗いてみよう!

2016年4月の電力自由化に伴って、多くの企業が参入することがアナウンスされてい …

再生可能エネルギーのPPSは環境重視派に向いている!

電力自由化が2016年4月に始まったら、小売りが全面自由化されるので新電力会社( …

電気自由化で電柱が増えるのかという心配は無用

既存のシステムを利用するので、基本的には増設はない 2016年4月に行われる電力 …

電力自由化についてのアンケートでは64%が電力会社を変えたい

消費者が心配しているポイントのひとつだが・・・ 2016年4月の電力自由化で消費 …