エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

海外2カ国の現状−電力自由化を成功する上で何を参考にしたい?

   

2016年4月1日から始まる電力自由化。

電気料金が値下げになって節約につながるという期待もあるかもしれません。反対に、電気料金が今まで以上に高くなるのではないかと心配する方もおられるかもしれません。これまでは、電力がどんなところから来るのか、どんなエネルギーを使った電力を使用したいか選択の余地がありませんでしたが、これからは環境に対する考えを反映した選択も出来るようになることでしょう。

ではこれからの電力自由化がどんな方向に向かうといいと思われますか?海外では幾つもの国がすでに電力自由化を始めていますが、日本が参考にできるどんな国があるでしょうか。これから2つの海外の現状に目を向けてみましょう。

イタリア−再生エネルギーがカギ

海外の現状を見る上で、日本と環境の似た国は参考にしやすいといえるでしょう。イタリアは日本と同じように資源の限られた国です。電力のためのエネルギーを海外から買わなければなりません。イタリアではかつて早い時期に原子力開発が行なわれてきました。しかし、チェルノブイリ、福島などの原子力発電所の事故によって、脱原子力の方向に向かっています。

それで、イタリアでは再生エネルギーの開発が進められ、2012年の国際エネルギー機関のデータベースでは、再生エネルギーが全体の30%以上をしめるようになりました。もちろん日本とイタリアで異なる事情もあるかと思います。そして再生エネルギーにも、水力、太陽光、地熱など様々な分野に分かれていますが、日本でも電力自由化によってこうしたエネルギーの選択肢が増えることが期待されています。

ではイタリア以外にも電力自由化で日本が参考にできるどんな国がありますか。電力自由化で国民が選びやすいシステムを構築する点でイギリスを参考にできます。

比較サイトで公正な情報が得られるイギリスのシステムが参考になる

日本は4月から始まる電力自由化を前に、比較サイトで価格や条件を見ることができます。これらのサイトは大変便利ですが、本当に正しい情報だろうか、公平な判断がなされているのか疑問に思うこともあるかもしれません。この点で、OFGEM(電力・ガス市場局)が比較サイトを認定し、需要家がそのサイトから電力会社を選ぶことができるようになっています。

なので、消費者にとってはスポンサーによって影響されるサイトではなく、公正な比較サイトから契約できるのが安心の理由です。現在OFGEMが認定している比較サイトは12あります。比較サイトも選択肢が増えれば増えるほど、さらに信頼できるシステムづくりにつながることでしょう。これはこれからの日本が参考にできる点です。

海外の現状を見ると、20年以上電力自由化を進めてきて、成功例や失敗例などが見られます。4月から制度が始まることは、システムが完成していることとは異なり、さらに改善が必要になるかもしれません。こうした海外の現状を知ることが消費者にとっても、電力会社にとっても役に立つのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

冷蔵庫もインテリアの一部!おしゃれで節電効果のあるものはないの?

白物家電は浮きやすい? 冷蔵庫は一人暮らしから大家族まで、どのような世帯でももは …

電力自由化で夜間電力は安くなる高くなる?

夜間電力の価格 今後の展望は? 電力自由化に伴い私たち電気消費者が気になるのは料 …

電力自由化についてのアンケートでは64%が電力会社を変えたい

認知度は80%を超えるが、すぐに変えたい人は少ない!? 2016年4月に実施され …

再生可能エネルギー・日本では少数派だが海外では普及している理由は?

全く異なる日本と海外の再生可能エネルギーコスト 再生可能エネルギーは地球環境にや …

電力・ガス会社の過剰な設備投資の原因に?電気・ガスは無駄の多いシステムなのか!?

電力・ガス自由化に伴ってどんなシステムで運用されてきたのかが注目されるようになっ …

日本の特徴にあった再生可能エネルギーは何?3つの発電所の種類と特徴

再生可能エネルギーとは、エネルギー源が永続的に利用できると考えられているもののこ …

2016年の2大改革マイナンバー制度と電力自由化-具体的にどんな影響が及ぶのか

2016年の目玉改革が及ぼす影響 2016年の2大目玉改革と言えばマイナンバー制 …

電力自由化で中小企業も参戦!電気事業法改正で私たちにどんな影響をもたらす?

2015年3月3日、政府は電力改革を推し進め、その最終段階…総仕上げとして電気事 …

先を見越して電気を買う、3種類の卸電力取引「先渡市場・先渡定型取引・先渡市場取引」−卸電力取引の基礎知識

「先渡市場」は、将来のある1週間、1ヶ月、さらには1年の単位で電力を取引する市場 …

今回の電力自由化で新規に登録した新電力会社の一覧

2015年末時点で119社が登録完了! 電力自由化に伴い、たくさんの企業が新電力 …