エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

海外2カ国の現状−電力自由化を成功する上で何を参考にしたい?

   

2016年4月1日から始まる電力自由化。

電気料金が値下げになって節約につながるという期待もあるかもしれません。反対に、電気料金が今まで以上に高くなるのではないかと心配する方もおられるかもしれません。これまでは、電力がどんなところから来るのか、どんなエネルギーを使った電力を使用したいか選択の余地がありませんでしたが、これからは環境に対する考えを反映した選択も出来るようになることでしょう。

ではこれからの電力自由化がどんな方向に向かうといいと思われますか?海外では幾つもの国がすでに電力自由化を始めていますが、日本が参考にできるどんな国があるでしょうか。これから2つの海外の現状に目を向けてみましょう。

イタリア−再生エネルギーがカギ

海外の現状を見る上で、日本と環境の似た国は参考にしやすいといえるでしょう。イタリアは日本と同じように資源の限られた国です。電力のためのエネルギーを海外から買わなければなりません。イタリアではかつて早い時期に原子力開発が行なわれてきました。しかし、チェルノブイリ、福島などの原子力発電所の事故によって、脱原子力の方向に向かっています。

それで、イタリアでは再生エネルギーの開発が進められ、2012年の国際エネルギー機関のデータベースでは、再生エネルギーが全体の30%以上をしめるようになりました。もちろん日本とイタリアで異なる事情もあるかと思います。そして再生エネルギーにも、水力、太陽光、地熱など様々な分野に分かれていますが、日本でも電力自由化によってこうしたエネルギーの選択肢が増えることが期待されています。

ではイタリア以外にも電力自由化で日本が参考にできるどんな国がありますか。電力自由化で国民が選びやすいシステムを構築する点でイギリスを参考にできます。

比較サイトで公正な情報が得られるイギリスのシステムが参考になる

日本は4月から始まる電力自由化を前に、比較サイトで価格や条件を見ることができます。これらのサイトは大変便利ですが、本当に正しい情報だろうか、公平な判断がなされているのか疑問に思うこともあるかもしれません。この点で、OFGEM(電力・ガス市場局)が比較サイトを認定し、需要家がそのサイトから電力会社を選ぶことができるようになっています。

なので、消費者にとってはスポンサーによって影響されるサイトではなく、公正な比較サイトから契約できるのが安心の理由です。現在OFGEMが認定している比較サイトは12あります。比較サイトも選択肢が増えれば増えるほど、さらに信頼できるシステムづくりにつながることでしょう。これはこれからの日本が参考にできる点です。

海外の現状を見ると、20年以上電力自由化を進めてきて、成功例や失敗例などが見られます。4月から制度が始まることは、システムが完成していることとは異なり、さらに改善が必要になるかもしれません。こうした海外の現状を知ることが消費者にとっても、電力会社にとっても役に立つのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

電力自由化ではグリーン電力でも電力会社を選ぶことができる!

デメリットは割高になる可能性があること 電力自由化で誕生する新電力会社(PPS) …

電力自由化でたまに目にする特別高圧とはどんなもの?

2016年4月に実施される電力自由化で数多くの新電力会社(PPS)が参入し、日本 …

電力自由化に伴いアパートなどでも電力会社を自由に選べる?

基本的には選べる物件の方が多いはず 2016年4月の電力自由化で賃貸物件に暮らす …

物流センターの屋根が発電の拠点に?電力自由化で新しい試み

住宅メーカーも電力業界に本格参入の可能性も   売電も自由化になるのが …

電力自由化でバイオマス発電が注目される?

バイオマス発電で脚光の当たりつつあるバイオマスエタノール まずはバイオマス発電の …

次々と新電力に参入する外資企業 日本にとってもプラス、マイナス?

電力販売に続々参入する外資系企業 日本政府はこのたび電力自由化での外資参入規制を …

だから原発は再稼動する 3つの理由

福島原子力発電所事故。あれほど大きな事故を起こし、いまだに収束できていない状況を …

主婦は電力自由化に興味がないらしい なぜならこうして節約してるから

「安くなるのなら!」「節約になるのなら!」そのためにはどんな努力をもいとわない、 …

水力発電-日本の豊かな自然の資源を使った3種類の発電方式

日本には豊かな水の資源があります。 そして昔から水車を使ってさまざまな仕事をして …

電力自由化は電力会社のライセンス制?条件や課題は?

電力の全面自由化を柱にする電気事業法改正案が成立。 これにより、2016年4月か …