エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

いい電力会社とプランの選び方 ポイントはこの3つだけ

   

電力自由化に伴ってたくさんの小売電気業者も電気を売り出し始めました

果たしてどこで買うのがいいのでしょうか?電気をどこから買うのかというのは他の買い物とはちょっと違います。どの会社も売るものは同じ電気だからです。

チョコレートでも砂糖でも各メーカー少しは違いがあるものですが、電気という商品はどのメーカーで購入しても同じ送電線に乗って運ばれてくるので全く違いがないのです。どこで買っても商品が同じならどうやって会社を選べばいいのでしょうか?3つほどポイントがあるので抑えましょう。

プランの魅力を見る

各社電気という商品は一緒なのですが、自社の他の製品と抱き合わせで販売することによって違いを出そうとしています。しかし各会社のプランの魅力は分かりやすいようで分かりにくいものです。各社のホームページを見てみるといいでしょう。きっと「2年間で○○円もお得」みたいな書き方がされていることと思います。

果たして何と比べてお得なのでしょうか?他社と比べてでしょうか?いいえ、自社の製品を正規で購入した場合よりもお得ですよという意味です。つまりガス会社、通信会社などが出しているプランは他社と比べてどちらがお得かを判断できないのです

なぜわが社の電気料金は1kwあたり○○円なので、他社よりも○○円安いと書かないのでしょうか?答えは簡単。他社と電気料金は変わらないからです。(よく見ると1kwにつき23円前後だと書かれているはずです。)電気料金そのものは安くできないのでできるだけ目立たないように表示し、セット販売で自社の製品を安してお得感を出すのです。

つまり会社選びをのコツは、電気代ではなくセットの商品を良く使うかという点でしょう。スマートフォンを良く使う人は通信会社の電力を買うとメリットがあるかもしれませんし、ガスを良く使う家庭はガス会社の電気を買うメリットがあるかもしれません。

プランのリスクを見る

プランの魅力を見極めるのは簡単ではないのですが、各社のプランのリスクを見るのはもっと難しいものです。例えば先ほども書かれていた2年間で○○円お得というのは、なぜ2年間でなのでしょうか?携帯電話料金今なら乗り換え無料というキャンペーンを各社が繰り広げていたことを思い出すとすぐ分かるでしょう。

そう。「2年間使い続けてくれないと、かなりの違約金をいただきますよ」という設定にするためです。各社のプランにこの契約期間の縛りがあるかを確認する必要があります。同時に仮に契約期間を途中で解約するといくらの解約料が発生するのかも確認する必要があるでしょう。

電気料金比較サイトには要注意

いろんな電気小売業者のプランを比較できるように、電気料金比較サイトなるものがチラホラと出始めました。一つの小売電気業者でもいくつものプランを出している上、そのような小売電気業者がたくさんあるわけですから本当に判断に迷います。そこで電気料金比較サイトで、家族人数や利用予定の電力数、利用地域などを打ち込めば自然とお得な電気プランを紹介してくれるのはありがたいと感じるでしょう。

ですが無料で使えるそれらの電気料金比較サイトは要注意です。いろいろ打ち込んでみたら分かりますが、常に上位に表示されるのは同じ会社です。なぜですか?その会社がお得だからですか?いいえ、表示される会社が広告料を支払っているからに他になりません。そのサイトからクリックしある電気会社と契約すればアフィリエイト広告料が支払われる仕組みです。無料の電気料金比較サイトは必ずしもいい電力会社へと案内してくれるわけではありません。

倒産の可能性を探る

小売電気会社の多くは、社運をかけてこの電力業界に名乗りを上げてきています。つまりかなりの投資をしてメガソーラーなどを建設し勝負に出ているのです。では予想以上にお客が集まらないとどうなりますか?当然倒産します。

せっかくある小売電気業者と契約していてもその会社が倒産してしまっては、一般電気事業者(元国営の電力会社)から急遽購入することになりますが。そうなると前小売電気と残っていた契約期間分は割高の電気料金を支払わなけらばなりません。小売電気業者の中には前金でお金を徴収するところもあるようです。

一年分既に払っていたのに倒産されたのでは大損です。ある会社のプランが非常に魅力的に感じてもその会社に倒産のリスクはどれほどあるかも考慮する必要があるでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

電力自由化で電気料金を見つめ直そう!家計管理のポイントを紹介

電気料金がアップしたのをご存知ですか? 電力自由化はメディアなどでもよく紹介され …

電力自由化で期待される新しいビジネス創出のための企業提携

2016年4月電力自由化では大規模な市場拡大が見込まれ、多くの企業が参入を目論ん …

電力自由化で太陽光発電システムはどうなってしまうのか

2016年4月に電力の全面自由化が開始します。 この自由化は簡単に言えば買う自由 …

電力自由化で街路灯はどうなるの?

街路灯の負担者も自由化でお得に運営する時代になる! 2016年4月の電力自由化は …

将来の卸電力取引の発展に必要な「先物取引」

欧米などではすでに活発に取引されている電力の「先物取引」。 日本の卸電力取引所で …

電力自由化で原子力発電を脱することができるのか?

同じ発電量を太陽熱で得ようとすると・・・ 2016年4月の電力自由化が全面的に認 …

電力自由化三大リスクを検証!停電・倒産・値上がり

2016年電力自由化後だれもが心配する三つのリスク 電力自由化がいよいよ2016 …

消費者が無駄に負担しないように・電力託送料金に関する調査会で改善するか?

  消費者が割を食わないようにする料金システムに 電力自由化によって、 …

「再生可能エネルギー」のこれからを考える!コストや今後の課題はどうなる?

資源が少なく、外国からの輸入に頼らざるを得ない日本。益々混迷を極める国際情勢の影 …

「電力自由化EXPO」で電力自由化の情報が改めて紹介される!

ただし、現状は一般市民向け開催ではない 2016年4月に電力の小売りが全面自由化 …