エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

知っていますか?スマートメーターのデジタルデータにはこんな恐ろしい危険が

   

スマートメーターが電力自由化に伴って随時設置されていきます。専門家の間ではスマートメーターの安全問題が心配されているのを知っているでしょうか?

スマートメーターは今までのメーターと大きな相違点があります。それは電気使用量を検針員の目視によってではなく、無線電波によってデータ送信されるという点です。これがどうして安全の問題を引き起こすのでしょうか?2つの面でそういえます。

・セキュリティー問題
・健康への影響

なぜセキュリティーが心配されるのか

スマートメーターの問題点として上げられる一つ目の点はセキュリティー問題といわれています。家の中で使えるコードレスホンでの会話が簡単に盗聴されることが問題になった時期がありました。電波に乗って送られるデータというのは基本的に第3者によって傍受されて解読される恐れがあります。

送信されるのは各家庭の電気使用量などではありますが、たかが電気使用量されど電気使用量のデータなのです。例えば毎日20kw以上は使っていたお家が、急に1kwしか使わなくなったとしましょう。これは長期外出していることを意味します。泥棒に入るのは格好のときであるのを知らせることになります。

それだけではありません。スマートメーターには家の中に電気を送るかどうかの開閉機能もあります。ある人が電気を契約すると電力会社から信号が出され、スマートメーターを自動的に作動させ、電気契約が廃止になると信号が出されスマートメーターが閉じ電気が家に流れなくなるのです。

ではもし悪意のある人がサイバー攻撃によってスマートメーターを閉じるという信号解読し発信したらどうなるでしょうか?停電が起きることになります。通信機能によって制御するというのは常にリスクが存在するのです。

なぜ健康被害が心配されるのか?

もう一つスマートメーター設置によって心配されているのは健康被害です。一時期携帯電話の使用が身体に悪影響を与えるのではということが問題になった時期がありました。身体の一部に影響はあるものの携帯電話によって大きな健康被害は認められないという結論で片付けられました。

こうした電磁波の問題は高圧電線の下に住むときとか、電子レンジの近くで家事をすることとかいろんな場合に心配されてきました。このたびスマートメーターの設置によって新たなる電磁波の問題が増えたというわけです。

スマートメーターはメーターのすぐ前では、1cmあたり9.8μwの電磁波が発生します。これは携帯電話が1cmあたり15.68μwであることを考えると決して低くない数字です。外国ではスマートメーターの健康被害が心配されスマートメーターを取り付けるか任意で選べる国も存在するほどです。

生活が便利になるほどリスクも存在する

スマートメーターには上記のような危険性が存在するために、中止を求める署名活動もなされていますが、それを言い始めるときりがありません。

飛行機が安全に飛ぶための管制塔からのコンピューター制御も、子どもを危険から守るために持たせる居場所が分かる装置も、すべて電波があってはじめて便利に利用できるからです。生活が便利になるというのは多少のリスクとも付き合っていくということのなのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

電力自由化で電力会社を変えたときの手続きは複雑?

電力の小売り自由化で電力会社が自由に選べるようになるのは2016年4月からです。 …

徐々に広がっていった電力自由化の範囲・その経緯を探る

全面電力自由化で一般家庭にも範囲は拡大 電力自由化の背景 私たちが日々使っている …

「冷房は電気代がかかるから除湿にしなさい」は時代遅れ!除湿は冷房より高かった 金額差はこれくらい

電気代が高くつくものの代表ともいえるのが、エアコンの電気代です。 電力会社に電気 …

“今さら聞けない!? 結局今回の電力自由化では一体なにが今までと変わるのか “

2016年4月の電力自由化で日本の電力事情は一体なにが今までと変わるのでしょうか …

1Wってすごい! こんなことができるとは…

電力自由化となり、この機会に消費電力に関心をもっている人が多いようです。東京ディ …

自由化で提携ポイントをウリにした電力会社が増えたが、正直そのポイントは貯まるの?

電力小売市場が全面自由化でたくさんの電力会社が誕生しています。 大手電力会社も子 …

マンションの住民は電力会社変えられる?変えられない?

マンションなどの共有住宅でも電力会社を変えられる? 2016年4月にいよいよ一般 …

2016年4月の電気自由化は電気事業制度改正の第2段階のこと

最も一般家庭に関係してくる電気事業の改革 目前に迫っている電力自由化ですが、実は …

海外2カ国の現状−電力自由化を成功する上で何を参考にしたい?

2016年4月1日から始まる電力自由化。 電気料金が値下げになって節約につながる …

電力自由化で注目されるヘルツの違い

東日本と西日本でなぜヘルツが変わっているのか? 50ヘルツと60ヘルツ、日本には …