エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力自由化は賃貸物件でも利用できるの?

   

規模によってはすでに新電力会社を使っている可能性がある

2016年4月の電力自由化で賃貸物件に住んでいる人は新電力会社(PPS)を選ぶことができるのか否かというのを知りたい人が多いかと思います。

基本的にはできるかと思いますが、下記のケースにおいてはそれができません。

 

物件が古く、オーナーもしくは管理人が電気料金を徴収している

これは規模にもよりますが、その賃貸物件――例えばアパートやマンションなどの集合住宅をひとつの建物として電力会社と契約していることがありえます。そうなると自由に電気を引けないので、新参のPPSを選ぶことができません。
 

大きな賃貸アパートやマンションがすでに一括契約済み

そのアパートやマンションなどが部分的自由化したことを利用して、電力会社と一括契約している場合、これも各住民がそれぞれPPSと契約することはできません。
 

自由化を機にオーナーが物件全体で一括契約をする場合

2016年4月の全面的自由化を機会に物件オーナーや管理室が新参のPPSなどと一括契約する可能性もあります。

そうなると個別でPPSとの契約はできなくなります。
賃貸物件といってもオーナーの持ち物ですから、そのあたりは住民の意向を汲んでくれるかどうかはオーナーの人柄次第ですね。

賃貸物件だとこのように自由化でPPSを選べない物件もありますし、選べる物件もあります。

基本的には選べる物件の方が多いはずですが、PPS乗り換えを考えている場合はオーナーや管理人に確認してみましょう。
 

 

なぜ賃貸だと自由に選べない物件があるのか

賃貸だと電力自由化が始まってもPPSを自由に選べない可能性があるのはなぜでしょう。
実は電力自由化は部分的に2000年3月に自由化が始まっているからです。

使用規模が2000KW以上という条件付きで当時の新PPSや既存の電力会社と料金や条件の交渉ができたのです。

例えば工場やオフィスなどの電気消費量が多い事業者が対象だったのです。

今住んでいる賃貸物件が例えば数世帯しかない場合などは恐らく使用規模の条件を満たしていないので一括契約ということはないと思いますが、物件によってはどうなっているかは外観だけではわからないので、ちゃんとオーナーなどに確認するべきです。

それから、最初の項で書いた自由化を機にオーナーが物件全体で一括契約をする場合のように、今回の自由化で一括契約に切り替える場合もあります。

その分として管理室などが一括徴収することになる電気料金が値下げされればいいですが、現状維持もしくは値上げとなったら悲惨ですね。

物件の持ち主であるオーナーが行うことを入居者や外部の者がとかやくは言えませんが、一括契約で値上がりするケースは少なくありません。

規模によって送配電の設備使用料がかさんでしまったり、オーナーが意識高い系で風力発電や太陽光発電を得意とするPPSを選んでしまった場合は高確率で値上がりすることでしょう。

自由化したからと言って、すべてのPPSで電気料金が必ず値下げになるとは限りません。
あくまで選択肢が増加し、電気料金を節約できる可能性が増えたということです。

特に賃貸物件は自分でコントロールできない部分もある可能性がありますから、オーナーや管理人に一括契約について確認しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

電力自由化はメンテナンスの自由化を生む-こんな恐~い影響が予測される

電力自由化はメンテナンスの自由化をも生む 電力自由化になって変化することは電気が …

266もの業者が電気小売に参入 理由はFIT制度というものにあるらしい

電気自由化に入る前の3月25日、経済産業省は266社の小売電気事業者が申請したこ …

電力自由化が始まってから今現在 予想通りの面と予想通りでない面

ついに電力自由化が始まりました。電力自由化という大きな変化は電力業界や各家庭にど …

「再生可能エネルギー」のこれからを考える!コストや今後の課題はどうなる?

資源が少なく、外国からの輸入に頼らざるを得ない日本。益々混迷を極める国際情勢の影 …

電力自由化で太陽光発電システムはどうなってしまうのか

2016年4月に電力の全面自由化が開始します。 この自由化は簡単に言えば買う自由 …

徐々に広がっていった電力自由化の範囲・その経緯を探る

全面電力自由化で一般家庭にも範囲は拡大 電力自由化の背景 私たちが日々使っている …

電気自由化で独占禁止法に触れる行為が懸念される!?

そもそも大手電力会社は市場を独占していたのではないのか? 2016年4月の電力自 …

経済産業省主導の電力自由化ロードマップを猿でも分かるように解説

経済産業省ロードマップを分かりやすく解説 どのように電力自由化が推進していくのか …

「電力自由化EXPO」で電力自由化の情報が改めて紹介される!

ただし、現状は一般市民向け開催ではない 2016年4月に電力の小売りが全面自由化 …

電気自由化が関係する電気事業制度改正は第3段階でひとまず終わる!

電気事業改革の最後に当たるのが第3段階 いよいよ2016年4月に電力全面的自由化 …