エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

今後期待される資源はシェールオイルとシェールガス

   

近年、石油や天然ガスの採掘で期待されているのがシェールオイルとシェールガスです。

世界中に埋まっているシェールガスのすべてを採掘できたら、世界の200年~250年分以上のエネルギーを賄えると言われているほど、豊富な埋蔵量があると見られています。

シェールガスの歴史は案外古く、100年以上も前から採掘されていました。
しかし、シェール層に埋蔵されている天然ガスを自然に割れた隙間から採掘していただけなので採算性はよくはありませんでした。
シェール層というのは頁岩(けつがん)というもので、英語ではシェール、もしくはオイルシェールと言います。

気をつけたいのはシェールオイルとオイルシェールは別物で、前者は頁岩から採掘される石油で、後者は石油を含んだ頁岩です。
頁岩は堆積岩の一種で、薄く割れる性質を持っています。

このシェール層からシェールガスとシェールオイルを採掘する技術がアメリカやカナダで確立され、2000年代に入ってから生産量が増えました。

自然にあった隙間からではなく、技術的に割れ目を作り、そこから採掘することができるようになったのです。

エネルギー事情に革命を起こす可能性があったほどで、シェールガス革命とも呼ばれたそうです。
北米では2020年ごろまでに天然ガス生産量の半分がシェールガスになるとも言われていて、ガス輸入国から輸出国にもなれそうな勢いです。

 

シェールガスよりもシェールオイルが注目されつつある

 
日本においては地層の年代が新しくシェール層が少ないです。

そのため、シェールガス埋蔵量はあまりないとされています。
一応、秋田県の鮎川油ガス田で2012年10月にシェールオイルの採掘に成功してはいますが、大きな期待は寄せられていません。

また、世界中でシェールガスの採掘が行われていることから、単価が下がってきており、利益幅が小さくなってきている問題が出てきています。
シェール層にひびを入れてガスを採掘するのですが、設備などに大きな投資が必要です。
そのため回収が困難なケースも考えられていて、今では単価がまだ高いシェールオイルを採掘しようとする企業が増えています。

シェールオイルはガスよりも採掘が困難で、石油を抽出するのが難しく、それにかかる設備投資も大きくなります。
そのため、これまでは敬遠されがちだったのですが、逆に今ではシェールオイルが採掘のターゲットになってきています。

 

埋蔵される天然エネルギー資源は有限?

 
埋蔵されている天然のエネルギー資源――石油や天然ガスですが、これらはシェールガスやオイルに限らず有限だとされています。
枯渇すれば車も動かせないですし、発電も今ほどの量を確保することも難しいでしょう。

しかし、埋蔵される天然資源は本当に有限なのかというのは実はわかっていません。
無限ではないのですが、あくまでも現代科学でわかっている範囲でしか埋蔵量は確認できず、もっと深くに眠っている石油を掘り出すことができるようになれば、再びエネルギー資源に不安を感じる必要はなくなります。

シェールガスやシェールオイルのように、2000年に入ってから技術が確立され、そして新たな油田として利用できるようになったことを見ても、今後技術の進歩があれば人類はエネルギー資源を新たに手にすることができることも考えられます。
ただ、石油などを燃やせば空気が悪くなり、環境悪化を招く可能性も残っています。ですので、いずれにせよ、資源は無駄遣いしないよう、大切に使いたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

電力自由化前夜に起こっていた電気料金高騰とは?

2016年4月に入り、ついに日本の電力市場が開放され、電気料金の自由化が始まりま …

余った電力は、家の下に貯蔵してしまう時代になるそうな

地球を汚さない発電方法が注目されるようになって来ました。CO2削減も、核廃棄物の …

ガスの自由化が始まると、電力自由化よりもポイント制が複雑化する!?

電力小売市場全面自由化でたくさんの電力会社が誕生したわけですが、各社とも他社との …

電力自由化でたくさんの電力会社が誕生し、価格の比較が難しくなった現実

2016年の4月に始まったばかりの電力自由化ですが、全国で今後も引き続き最大で数 …

超高齢化社会になる2025年問題で変化するサービスは電力自由化にも影響する

まず、2025年問題をご存知でしょうか。 日本が超高齢化社会となり、国民の3人に …

電力自由化のセットメニューでは「電力・ガス」のセットが比較的お得なのは本当!?

さあ2016年4月に入り、いよいよ電力の自由化が始まりましたね。 これまでの大手 …

電力節約などで考えたいゼロ・エネルギーとは?

東日本大震災の原子力発電所事故などでより一層環境問題やエネルギーに関する問題が日 …

海外送配電分野で日本の活躍に期待が寄せられる

日本の電力システム輸出事業の中には海外送配電分野があります 外国への電力システム …

日本の電力関係技術は世界を救うことができるのか

現代はオール家電であったり、ネットの普及で世界中がとにかく電気を必要としている時 …

エネルギー会社が起こす地球温暖化現象への対策

日本のエネルギー会社といえば石油会社などもありますが、主に発電関係が特に地球温暖 …