エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力自由化でたくさんの電力会社が誕生し、価格の比較が難しくなった現実

   

2016年の4月に始まったばかりの電力自由化ですが、全国で今後も引き続き最大で数百社の新電力会社が誕生することになります。

そのため、自由化が現実を帯び始めた昨年くらいから懸念されていたのは、消費者が自分のライフスタイルに合った電力会社をみつけることができるのか、という不安です。

昨今はインターネットで自分の意見や情報を発信することができるようになり、これまでマスメディアだけしか情報発信できなかった時代とは打って変わり、こうなったことで大きく変化したのは人々のライフスタイル

です。マスコミだけが情報発信していた中だと、赤がいいと言われればそれに追随し、今年は茶色が流行ると言われればその色の商品が飛ぶように売れました。
テレビも人気番組はみんな観ているような世界でしたが、昨今は個人個人が自分の思う生活をすることができるようになりました。
そうなると、赤がいいと言われてもそれに従う人も少なくなってきたのです。

自分の考え方を優先できるので、誰もこれが一番だと言えなくなりました。今回の自由化では、数百社の中からどれがその人に一番合っているか。
それも一概には言えないという環境なのです。
ですので、企業を比較するのも難しいですし、価格の比較だって困難です。
例えA社はB社より月々1万円の節約ができるとしても、ライフスタイルによっては必ずしも魅力だとは限らないのです。

 

こんな時代に自分に合った電力会社をみつけるには

 
懸念されていた電力会社の選択問題はネットの比較サイトがいいとされています。料金表を掲載していくら安くなるのかを明記したサイトがありますし、キーワードから選択して電力会社を紹介してもらう手もあります。

しかし、先ほども書いたように、必ずしも料金の安さが決め手になるとは限りません。
多少高くなっても自動引き落としでないとだめだとか、環境問題を考えて風力発電でないと嫌だなどがあるかと思います。

ですので、自分にあった電力会社を選ぶ方法というのは、なによりもまず「自分がなにを優先したいのか」を検討するべきです。
ライフスタイルはどういったものなのか、どんな生活をしたいのか、新電力会社になにを求めたいのかなどを総合的に判断し、まずなにを優先的に必要としているのかを考えるべきです。

そうすることで、金額という絶対的な数値に惑わされず、自分にとって本当に価値のあるものを選ぶことができるようになるかと思います。

当然ながら、すでに100社はある新電力会社のすべてを見ることが困難ですので、比較サイトを補助的に使うべきだとは思います。
しかし、なにを優先するかでどのデータを見極めるかが違ってくるかと思いますので、自分の中でしっかりと決定しておかなければなりません。

たかが電気料金ですが、電力市場の自由化を機会に、自分のライフスタイルに今一度向き合ってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

超高齢化社会になる2025年問題で変化するサービスは電力自由化にも影響する

まず、2025年問題をご存知でしょうか。 日本が超高齢化社会となり、国民の3人に …

電力自由化前夜に起こっていた電気料金高騰とは?

2016年4月に入り、ついに日本の電力市場が開放され、電気料金の自由化が始まりま …

電力自由化のセットメニューでは「電力・ガス」のセットが比較的お得なのは本当!?

さあ2016年4月に入り、いよいよ電力の自由化が始まりましたね。 これまでの大手 …

エネファームで地球温暖化対策をしながら節電へ

電力市場が全面的に自由化になって、これまで節電と言えばあまり電気を使わないように …

世界中で高評価の日本の電力システム輸出とは

日本の電力システムが国外に輸出されており、世界中の人々から好評となっています。 …

電力自由化で企業選びをする際に考えたいロング・エンゲージメント

ロング・エンゲージメントという言葉はご存知でしょうか。 ネットで検索すると200 …

海外送配電分野で日本の活躍に期待が寄せられる

日本の電力システム輸出事業の中には海外送配電分野があります 外国への電力システム …

電力自由化は暮らしのサービスを中心としなければならない理由

電力自由化で多数の新電力会社が誕生していますが、その中から自分に合った電力会社を …

余った電力は、家の下に貯蔵してしまう時代になるそうな

地球を汚さない発電方法が注目されるようになって来ました。CO2削減も、核廃棄物の …

電力節約などで考えたいゼロ・エネルギーとは?

東日本大震災の原子力発電所事故などでより一層環境問題やエネルギーに関する問題が日 …