エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力自由化は暮らしのサービスを中心としなければならない理由

   

電力自由化で多数の新電力会社が誕生していますが、その中から自分に合った電力会社をみつけるにはどうしたらいいでしょうか。

日本における昨今のビジネスはなんと言っても信頼関係と共有感が大切になっています。

ロング・エンゲージメントという言葉も出てきており、長期的に企業と消費者の信頼関係を構築することがビジネス成功の鍵とまでされています。

日本人は度重なる災害で被害を受ける中、2011年に大地震に見舞われ、原子力発電所の事故などで計画停電などを体験してきました。

こういった未曾有の大災害から日本人は「絆」を感じたことで、ビジネスも大きく舵を切ることになりました。
それは大企業やマスコミなどの宣伝によって大多数の人が踊らされるようにいいと言うものではなく、信頼できる人がいいと勧めるものに興味を持つということです。

これまでは「これはこういった商品だ」だとか「これはここがいい」といった企業側が決めたセールスポイントばかりが強調されてきました。

しかし、今は企業側が主役ではなく、使う側、つまり消費者の視点が重要となり、企業も消費者の嗜好に沿ったものを開発しなければ売れなくなっています。

不況の今ですし、特に電力自由化は生活に関係した新しい制度ですから、セットメニューなどで用意される特典は暮らしの中で利用できるサービスに特化していないと見向きもされないでしょう。

 

信頼のおける新電力会社を探し出す方法

 
しかし、ただ生活に寄り添ったサービスを用意すれば日本人が食いつくわけではありません。
今はなによりも信頼関係の時代です。
企業と消費者個人の間にしっかりとした信頼関係が生まれなければ、長期的に顧客になることはありえません。
誰がなにを言っているかが大切で、みんながどう思っているかではありません。
そのときに信頼関係と共有できる気持ちがなければ、その企業に消費者はついていかないのです。

電力会社のサービスは第一に電気の供給ですから、そもそもが暮らしに関係したサービスです。普通は末永く付き合っていくのがこのサービス分野の特徴です。

これまでは選択肢がなかったということもありますが、自由化された今でも一度電力会社と契約をしたら、そうそう気軽に変更をするようなものでもありません。
ですので、より信頼関係が必要です。

ただ、企業は人ではないですし、新しい電力会社とどう信頼して共感を得ていくのかという点が問題になるかとは思います。
しかし、それほど難しく考える必要はありません。

会社員をしている人ならわかるかと思いますが、日本の場合、その会社の営業担当者が実質的にその会社の顔になるかと思います。

新電力会社と契約する際、対面で会ったり電話で話をしたり、あるいはメールでのやり取りだけになるかもしれません。そのときに、自分の担当になった人が誠実かどうか。

それを見極めればいいのではないでしょうか。

顧客を騙してでも契約を取ってこいという悪質な企業もあるでしょう。
しかし、そういった会社は漏れなく営業担当もめちゃくちゃです。
企業側からのコマーシャルはデメリットをあまり伝えないものです。
デメリットもちゃんと教えてくれるか。
宣伝していた料金内容と実際の契約書の中身は同じか。そんなことを落ち着いて観察すればすぐにわかるでしょう。

新しくできた知り合いを友だちとするかどうかのような判断基準で十分です。その人が信頼できる人なのか。今後も長く付き合って行けそうか。
そんなことを見極められれば、ついに実施された電力自由化でも電力会社選びに成功するはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

電力自由化のセットメニューでは「電力・ガス」のセットが比較的お得なのは本当!?

さあ2016年4月に入り、いよいよ電力の自由化が始まりましたね。 これまでの大手 …

日本の電力関係技術は世界を救うことができるのか

現代はオール家電であったり、ネットの普及で世界中がとにかく電気を必要としている時 …

超高齢化社会になる2025年問題で変化するサービスは電力自由化にも影響する

まず、2025年問題をご存知でしょうか。 日本が超高齢化社会となり、国民の3人に …

エネファームで地球温暖化対策をしながら節電へ

電力市場が全面的に自由化になって、これまで節電と言えばあまり電気を使わないように …

電力自由化で企業選びをする際に考えたいロング・エンゲージメント

ロング・エンゲージメントという言葉はご存知でしょうか。 ネットで検索すると200 …

日本がアジアへ電力システムを輸出させる意義

日本の電力システムは世界的に見ても非常に優秀な性能を持っており、外国へと輸出され …

余った電力は、家の下に貯蔵してしまう時代になるそうな

地球を汚さない発電方法が注目されるようになって来ました。CO2削減も、核廃棄物の …

海外送配電分野で日本の活躍に期待が寄せられる

日本の電力システム輸出事業の中には海外送配電分野があります 外国への電力システム …

電力節約などで考えたいゼロ・エネルギーとは?

東日本大震災の原子力発電所事故などでより一層環境問題やエネルギーに関する問題が日 …

多数登場した新電力会社を選ぶ際に消費者が見極める力とは?

ついに始まった電力自由化ですが、一体どの電力会社を選択すればいいのでしょうか。 …