エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力自由化のセットメニューでは「電力・ガス」のセットが比較的お得なのは本当!?

   

さあ2016年4月に入り、いよいよ電力の自由化が始まりましたね。

これまでの大手電力会社だけでなく、一般企業も電力市場に名乗りを上げていて、競争自由化で電気代も安くなっていく見込みです。

とは言っても、問題はどの電力会社を選択するかになってきます。

発電方式によっては今よりも高くなるケースもありますし、参入企業が元から持っているサービスとの組み合わせで割引の率が違ってきます。

その組み合わせはいわゆるセットメニューになるのですが、気をつけたいのは案外セットよりも単独で電気供給の契約をした方が安いことも多い点です。
必ずしもセットが安いわけではないのです。

ですので、セットメニューを検討する場合は本当に安くなるのか、また安くならなくてもなんらかしらのメリットを享受できるかに注目してください。

例えば、電気とガス料金の支払いが1本化されることでそれにかかる手間が省けるようになるなどです。
支払いに行く時間内でほかにもっと稼ぐ手段があるならば、割引率が悪くても逆にいいことですよね。

セットメニューにはそういった落とし穴もあるので注意してください

 

各種あるセットメニューではやっぱり電力・ガスの組み合わせがいい?

新しい電力会社を選ぶ際にセットメニュー重視であれば、結論から言うと電力とガスの組み合わせがいいかと思います。

まず、ほかにどんなセットがあるかといえば、携帯電話、ケーブルテレビ、スーパーやコンビニ、旅行社、ガソリンスタンドなどがあります。

ポピュラーなところでは携帯電話ですが、これは注意が必要です。

というのは、携帯電話だと解約する期間などの設定が厳しく、電気料金の解約期間と全然合っていません。

それに、携帯電話の料金は移り変わりが早いので、電気料金のように長期間変更しないものとはそもそも相性がよくありません。

ケーブルテレビやネット回線の会社も解約の条件が複雑化するので気をつけましょう。

スーパーやコンビニはその店が自宅そばにあればいいですが、ないと意味がないですよね。

ガソリンスタンドも同じですね。ガソリンスタンドの企業だとクレジットカードの提携が多いので、そのブランドを持っていればポイントと併用してより安くなる可能性はあります。

しかし、提携カードがないのであればあまりメリットはありません。
これから口座開設をしてもいいのですが、これまで使っていなかったクレジットカードを作っても結局は使うことはないでしょう。

そう考えると、ガス会社で新規参入したところとのセットメニューが相性的に抜群だと言えます。

 

ガス会社の電力セットメニューを契約した方がいいワケ

 
では、ガス会社とのセットメニューが比較的優れている理由を説明します。

まず、電気もガスも基本的に一度契約をしたらそう滅多に変更するものではないという点です。

解約のタイミングは大体引っ越しのタイミングだとか、節約のために一大決心をしたときくらいで、そこは電気もガスも似たようなものですよね。ですので、相性が抜群です。

次にガス会社はわりと大きな会社ですし、それなりの発電設備もあります。
ですので、供給力もそうですし、資本的に長く生き残れる企業だと言えます。

自由化は始まったばかりですので、10年後にもちゃんと残っているのかは誰にもわかりません。
もちろん倒産されても供給がシャットダウンされるわけではないのですが、他社と再契約するまでに料金的に不利になる可能性がありますので、大きな会社がいいのです。

現在わかっている割引率としては北海道ガスで電気料金が1~2%が割引になります。東京ガスだと毎月270円、東邦ガス(中部地方が供給エリア)は200円引き、静岡ガスで42~105円、大阪ガスで1%引きとなります。
ほかの企業ならもっと大きな割引率になるかもしれませんが、支払いが一本化されるので管理がしやすくなります。

自由化でこの先何百社と電力会社が誕生します。

最初はどの会社にするかかなり迷うかと思います。
そんなとき、現状使っているガス会社が興した新電力会社を中心に探せば、わりとすんなり電力自由化のウェーブに乗ることもできるかと思います。
ガス会社を選ぶのにはそういったメリットもあるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

電力自由化で電力会社を見直そう!ガスと電気のセットは人気

相性がいいのが人気の理由 電力自由化によって、いろいろな電力会社の中から契約先を …

電力自由化前夜に起こっていた電気料金高騰とは?

2016年4月に入り、ついに日本の電力市場が開放され、電気料金の自由化が始まりま …

海外送配電分野で日本の活躍に期待が寄せられる

日本の電力システム輸出事業の中には海外送配電分野があります 外国への電力システム …

今後期待される資源はシェールオイルとシェールガス

近年、石油や天然ガスの採掘で期待されているのがシェールオイルとシェールガスです。 …

電力自由化で企業選びをする際に考えたいロング・エンゲージメント

ロング・エンゲージメントという言葉はご存知でしょうか。 ネットで検索すると200 …

電力自由化は暮らしのサービスを中心としなければならない理由

電力自由化で多数の新電力会社が誕生していますが、その中から自分に合った電力会社を …

電力自由化でたくさんの電力会社が誕生し、価格の比較が難しくなった現実

2016年の4月に始まったばかりの電力自由化ですが、全国で今後も引き続き最大で数 …

世界中で高評価の日本の電力システム輸出とは

日本の電力システムが国外に輸出されており、世界中の人々から好評となっています。 …

電力節約などで考えたいゼロ・エネルギーとは?

東日本大震災の原子力発電所事故などでより一層環境問題やエネルギーに関する問題が日 …

余った電力は、家の下に貯蔵してしまう時代になるそうな

地球を汚さない発電方法が注目されるようになって来ました。CO2削減も、核廃棄物の …