エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

海外送配電分野で日本の活躍に期待が寄せられる

   

日本の電力システム輸出事業の中には海外送配電分野があります

外国への電力システム輸出の中でも特に送配電についての事業で、2013年には東芝と東京電力が合弁会社を設立するなど、日本の電力事業者にとっては注目の市場です。

電力システムを必要とする東南アジアなどではインフラも整えることを含めれば1600兆円規模の市場になると推測されています。

また、東南アジアだけでなく、インドや中南米といった新興国諸国はいまだに電力の送配電システムが脆弱で、電力インフラ強化が必須です。

そこに日本の高度なシステムを導入することが期待されているのです。

元々日本は物作りには高い技術があり、それらを東南アジア各国の人々はみんな知っています。
いち早くこの市場に電力システムを根付かせることができれば、今後中国や韓国、欧米諸国の関係企業を押さえて、トップシェアも夢ではありません。

 

海外の送配電の分野は日本にはないおもしろさもある

 
日本の送配電システムを外国に輸出して、その国で利用されているシステムの脆弱性をカバーできれば、現地の人々の生活は豊かになり、それがいつか日本にフィードバックされることもありえます。

海外の電力市場は日本のそれとはまったく違いますから、逆に現地で得たノウハウを日本の市場改善に役立てることにも期待できるのです。

それから、陸続きになっている国も多いので、国によっては国境を跨いで送配電をすることもあるでしょう。
例えば、東南アジアでは中国やタイ、ベトナムに囲まれたラオスはタイなどに発電した電気を売電していて、それが国としても重要な収益になっているほどです。

そんな日本ではなかなかできないダイナミックな事業も国外の電力事情ならではで、そこには日本にない市場が広がっているのです。

 

日本の送配電システムを改善する余地がある?

 
先ほども書きましたが、もしかしたら国外で展開した先で得られたノウハウが日本の送配電システムの運用を改善することができるかもしれません。

電力自由化が始まった現在、今のところは東京電力などの大手が持っていた送配電システムを使って需要と供給のバランスを取りながら電気を送っています。

その際にはその送配電システムを運用する会社が管理するのですが、それも今のところは大手の電力会社もしくはその関連会社が行っています。

2020年4月までに発電と送配電の事業が分離されることになるので、そのとき、日本は今回の電力市場全面自由化のように再び電力市場に関して未知の世界に突入するのです。

そのときに、今、日本国外で蓄積されつつあるノウハウが役に立つ可能性があるわけです。

電力システムの輸出はその大規模な市場で利益を得るためというのが最も大きな理由であることは間違いないのですが、その裏には様々な意図が隠されており、現地の人々のインフラ整備となるだけでなく、いつかはなにかの形で日本国内の人々にも返ってくることになります。
電力関係の事業者にはいろいろとがんばってほしいところですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

世界中で高評価の日本の電力システム輸出とは

日本の電力システムが国外に輸出されており、世界中の人々から好評となっています。 …

エネルギー会社が起こす地球温暖化現象への対策

日本のエネルギー会社といえば石油会社などもありますが、主に発電関係が特に地球温暖 …

電力節約などで考えたいゼロ・エネルギーとは?

東日本大震災の原子力発電所事故などでより一層環境問題やエネルギーに関する問題が日 …

電力自由化でたくさんの電力会社が誕生し、価格の比較が難しくなった現実

2016年の4月に始まったばかりの電力自由化ですが、全国で今後も引き続き最大で数 …

エネファームで地球温暖化対策をしながら節電へ

電力市場が全面的に自由化になって、これまで節電と言えばあまり電気を使わないように …

電力自由化は暮らしのサービスを中心としなければならない理由

電力自由化で多数の新電力会社が誕生していますが、その中から自分に合った電力会社を …

超高齢化社会になる2025年問題で変化するサービスは電力自由化にも影響する

まず、2025年問題をご存知でしょうか。 日本が超高齢化社会となり、国民の3人に …

電力自由化で電力会社を見直そう!ガスと電気のセットは人気

相性がいいのが人気の理由 電力自由化によって、いろいろな電力会社の中から契約先を …

今後期待される資源はシェールオイルとシェールガス

近年、石油や天然ガスの採掘で期待されているのがシェールオイルとシェールガスです。 …

ガスの自由化が始まると、電力自由化よりもポイント制が複雑化する!?

電力小売市場全面自由化でたくさんの電力会社が誕生したわけですが、各社とも他社との …