エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

日本の電力関係技術は世界を救うことができるのか

   

現代はオール家電であったり、ネットの普及で世界中がとにかく電気を必要としている時代です。

日本は2011年の大震災では計画停電などの関係でやや使用量は落ち込みましたが、その後はそれ以前よりも電力を消費している状態です。

また、中国やインドなどの国々の成長も著しく、2035年には2009年と比べて電力消費量が1.5倍にも増えると見込まれています。今後も電力市場は拡大し続けるのです。

世界的に見て、先進国の電力消費量も増加の一途ですが、東南アジアや中南米の中進国、もしくは発展途上国と呼ばれてきた地域の成長も著しいです。

アジアだけを見ても電力インフラ市場は1600兆円規模とさえ言われており、ビジネスがグローバル化している昨今、国外で自国の電力システムを販売するという事業が世界中で盛んです。

日本もそのビジネスに参入しており、市場を拡大しつつあります。
ライバルとなるのは電気を発明して長い実績のある欧米諸国や、低コストでシステムを作り上げてしまう中国や韓国です。
これらの国と競争し合いながら、日本の電力システムは海外で活躍をするのです。

 

日本の高度な技術が間違いなく現地の人々を助けている

 
日本に住んでいると当たり前になりますが、大災害などのよほどのことがない限り停電なんて起こりませんよね。

東京や大阪などの大都市出身で20代後半の人の中で大規模な停電を経験した人というのはあまりいないのではないでしょうか。
30代以上だと恐らく子どものころに停電になってしまったことが何回か記憶にあるかと思います。

それくらい日本では停電というものが縁遠いようなものになってしまいました。ところが世界に目を向けてみれば、いまだに日常的に停電が発生する国は珍しくありません。

東南アジアでは突然電力システムが故障したり、雨の旅に漏電したりで停電が起こります。貧困国では首都でさえ、わざと停電をさせてエネルギー消費を調節していることさえあります。

日本でそういった事態が起こらなくなったのは、なによりも日本の電力関係技術者たちの力です。

蓄積されたノウハウや、日本の物作りに対する情熱が高度な技術を生み出し、それらが日本の電力システムを支えているのです。

ご存知のように日本は資源の少ない国です。
様々な材料を海外から輸入しなければ製造業は成り立ちません。しかし、無尽蔵に資材を仕入れるわけにもいきませんから、必要最低限のもので最大限効率的に高性能化しなければなりません、そうして生まれた技術なので、高度なのです。

他国の劣悪な品質の電力システムが日本の高度なシステムに切り替えられれば、間違いなくその国で発生する停電などを少なくすることができます。

資源の少ない日本の高度なシステムは、そういった国の低レベルな発電施設の不安定な電気もしっかりと安定供給することもできるかと思います。

実際に日本のシステムが導入されている地域も出てきています。
そして、そこに住む人々の生活は間違いなく向上しています。
日本の技術が生んだ電力システムは、間違いなく世界を救うのです。
これは日本人として誇りを持つべきことだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

電力自由化で電力会社を見直そう!ガスと電気のセットは人気

相性がいいのが人気の理由 電力自由化によって、いろいろな電力会社の中から契約先を …

超高齢化社会になる2025年問題で変化するサービスは電力自由化にも影響する

まず、2025年問題をご存知でしょうか。 日本が超高齢化社会となり、国民の3人に …

今後期待される資源はシェールオイルとシェールガス

近年、石油や天然ガスの採掘で期待されているのがシェールオイルとシェールガスです。 …

電力自由化でたくさんの電力会社が誕生し、価格の比較が難しくなった現実

2016年の4月に始まったばかりの電力自由化ですが、全国で今後も引き続き最大で数 …

エネファームで地球温暖化対策をしながら節電へ

電力市場が全面的に自由化になって、これまで節電と言えばあまり電気を使わないように …

電力自由化で企業選びをする際に考えたいロング・エンゲージメント

ロング・エンゲージメントという言葉はご存知でしょうか。 ネットで検索すると200 …

余った電力は、家の下に貯蔵してしまう時代になるそうな

地球を汚さない発電方法が注目されるようになって来ました。CO2削減も、核廃棄物の …

電力自由化は暮らしのサービスを中心としなければならない理由

電力自由化で多数の新電力会社が誕生していますが、その中から自分に合った電力会社を …

世界中で高評価の日本の電力システム輸出とは

日本の電力システムが国外に輸出されており、世界中の人々から好評となっています。 …

電力自由化前夜に起こっていた電気料金高騰とは?

2016年4月に入り、ついに日本の電力市場が開放され、電気料金の自由化が始まりま …