エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力自由化をしているニューヨーク州

   

ニューヨークと言えば摩天楼や芸術の街、最近では9・11などを連想する人が多いかと思います。

これはニューヨーク市のイメージであり、実際人口も800万人と多く、歴史的には米国の移民の玄関とも呼ばれています。市内の総生産は全米で一番多いとされ、いかに大都市かがわかるでしょう。

そんなニューヨーク市があるのがニューヨーク州です。州都は人口わずか10万人足らずのオールバニで、北側では隣国のカナダと接しています。

電力自由化が法的に成立して早20年を過ぎている米国ですが、実は州ごとに自由化に踏み切るかは判断されており、15州程度しか自由化にはなっていません。
自由化後に失敗をして停止している州もあるほどで、実は必ずしも米国の電力自由化は成功したとは言いきれないものはあります。

そんな中で、ニューヨーク州は電力自由化を果たした州のひとつであります。
独立系統運用機関であるニューヨークISO(NYISO)があるなど、積極的に電力自由化を進めてきました。

ISOは管轄地域内、NYISOではニューヨーク州内ですが、ここにある発電会社から事前に供給計画を入手して集計し、需給バランスを管理して発送電の品質を維持するのが役目です。

ISOは米国連邦エネルギー規制委員会が1996年に規定したOrder888で設立を奨励しているのですが義務化はされていません。
ですが、ニューヨーク州にISOがあるということは、電力自由化に比較的積極的だということが伺えるわけです。

 

歴史的に大停電が起こってきたニューヨーク

ニューヨークは歴史的に何度か大停電が起こっています。

例えば、1965年の北アメリカ大停電があり、これは別名でニューヨーク大停電とも呼ばれます。
このときの原因はカナダのナイアガラにある発電所が冬場に不具合が起きて、一斉に停電になったというものです。
たくさんの人が被害に遭い、復旧までに半日もかかったため、その後、電力供給の信頼度を維持するために北米信頼度協議会もできたほどです。

1977年にもニューヨークで大停電が起きていますが、注目は2003年の停電です。
これは電力自由化後に起こっているものですが、原因は送電管理システムがダウンしたことが有力な説になっています。
連鎖反応を起こしてニューヨークやクリーブランド、デトロイト、トロント、オタワで29時間にもおよぶ停電が発生し、金融赤字は実に7000億円と見積もられています。

この停電はちょっとしたシステムの不調が連鎖反応を起こすと大きな事態を引き起こすことを表しており、これを起こさないためのセーフティーネットを何重にも張り巡らせる必要があることを示しています。

日本の電力システムではそういった安全装置がいくつもあり、近年では東京などの大都市で停電が大規模に起こることはほとんどありません。
しかし、それはこれまでの大手電力会社の統一された事業内でのことになります。

今後は発送電分離でさらに事業が細分化され、自由化で利益追求することで従来の安全システムが発動しない可能性も出てきます。

日本の技術者は優秀ですが、日本の電力市場が大きく転換した今はニューヨークの停電などもしっかりケーススタディして、対策を検討しておかなければなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

日本も米国の北米信頼度協議会のような組織が必要になる?

2016年4月についに日本でも始まった電力自由化は多くの課題を残しています。 ご …

ISOがありながら、結局電力危機になったカリフォルニア

電力自由化に失敗して電力危機に陥ってしまったカリフォルニア州ですが、気候的な要因 …

米国で導入されているデマンドレスポンスは日本でも効果があるのか?

米国の電力自由化市場においてデマンドレスポンスというものが登場しています。 これ …

電力自由化の成功例として挙げられるテキサス州

米国の電力自由化は日本のように国単位ではなく、州単位で実施されており、全米50州 …

外国と比べて日本の電気料金は高い?安い? 海外の電気代相場を見てみよう

日本の電気料金は外国よりも高いと思っている人が多いでしょう。もっと電気料金が安く …

“電力自由化はただ安くなるからと安易に実施してはいけない重要な例 “

電力自由化は既存の電力会社と新規参入者の競争により電気料金が適正もしくは安くなる …

米国の電力自由化の基本となる知識 ISOとRTO

電力自由化が始まった日本ですが、現状は小売市場が自由化され、送配電システムとして …

日本の電力自由化でいい意味でも悪い意味でもモデルとなるPJMインターコネクション

日本が電力自由化でモデルとしたいのはすでに自由化が進んでいる米国です。 その中で …

意外と知らない世界のイベント アース・アワーって聞いたことありますか?

バレンタインにエイプリルフールなど、世界共通のイベントというのがあります。社会的 …

広大な米国のエネルギー市場は日本とはスケールが違う?

日本の電力自由化で、先に自由化が始まっている米国はモデルケースにもなり得るため、 …