エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

“電力自由化はただ安くなるからと安易に実施してはいけない重要な例 “

   

電力自由化は既存の電力会社と新規参入者の競争により電気料金が適正もしくは安くなるという消費者にとって大きなメリットがあります。

2016年に日本でも実施された電力市場での小売り自由化ですが、実は期待される反面、非常に繊細な部分もあり、ただ安くなると思い込んで安易に実施を期待してはいけません。

その事例として必ず引き出されてくるのが、日本よりもずっと早くに自由化が始まっているカリフォルニア州です。
米国では政府が自由化を決定したのち、州単位で実施するかどうかを決めています。

そのため、50州あるうちの15州とワシントンDCでしか今はまだ自由化は実施されていません。
カリフォルニアは1996年に自由化を決め、98年に実施されています。

そんな中、電力自由化でいつも悪い例として登場するのがカリフォルニア電力危機です。2000年の夏から翌年にかけてカリフォルニア州の電力会社が電力供給不足を引き起こし、停電が頻発したのです。

カリフォルニア州は電力自由化に当たって細かな規則を設けていました。例えば、州の環境規制のため環境負荷の少ない電力を義務づけるなどです。
そのため、当初から新規参入自体が新電力会社の負担になる懸念がありました。
しかも、事前調査などが甘く、自由化後のカリフォルニア州の電力需要は予想を上回っていました。

ところが、発電業者が新たに発電所を作るのはカリフォルニア州の定める厳しい環境規制があり、新設には消極的でもありました。
そんな中、電力消費量の増加より発電量の増加が下回ってしまいます。
ただ、当初はほかの州から雪解け水による水力発電での余剰電力があったので問題はありませんでした。

そして、2000年の夏。天然ガスが高騰し、猛暑にも見舞われ、電気料金の卸値が上昇を始めます。
ピークの時間帯ではエアコン1時間分の電気料金が10ドル近い状態になるレベルです。
しかし、電力会社はカリフォルニアの定めた規制で値上げができず、卸値の方が高い状態になります。
そのため、発電事業者は利益を確保するために供給をできるだけ抑え始めます。
カリフォルニアが依存していた州外からの雪解け水の水力発電も降雪量減少で期待ほど調達できないという悪い事態が重なります。

ついには電力会社からの代金回収にも不安になった発電事業者は売り渋りを行い、電力会社は十分な電力を調達できず大規模に輪番停電を行ったというわけです。
これにより州知事はリコールされ、電力会社も大手の1社が破綻しました。

 

日本はカリフォルニアから自由化とはなにかを学ぶべき

間の悪いことに州政府が2001年に電力会社に代わって電気を購入したのですが、この年は逆に冷夏で需要が少なくなったために卸値が下がり、先渡し調達だったために損失まで出しました。税金を投入してさらに失敗したのです。

このカリフォルニア電力危機は結局のところ電気料金の市場自由化がうまくいかなかったことが大きな原因だとされています。
ですので、ただ自由化すればいいというわけではなく、制度設計をしっかりしないことには電力事業関係者の利益どころかマイナスにもなるということがわかりました。
電力自由化は緩和しすぎても危険ですが、規制をしすぎてもまたよくないということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

電力自由化の成功例として挙げられるテキサス州

米国の電力自由化は日本のように国単位ではなく、州単位で実施されており、全米50州 …

米国の電力自由化の基本となる知識 ISOとRTO

電力自由化が始まった日本ですが、現状は小売市場が自由化され、送配電システムとして …

ISOがありながら、結局電力危機になったカリフォルニア

電力自由化に失敗して電力危機に陥ってしまったカリフォルニア州ですが、気候的な要因 …

米国で導入されているデマンドレスポンスは日本でも効果があるのか?

米国の電力自由化市場においてデマンドレスポンスというものが登場しています。 これ …

米国では義務化されている広域的送電設備拡張プロセス

米国の国土は日本のおよそ25倍も広いことはご存知の通りです。 これだけ広大な土地 …

日本より先に始まった米国の電力自由化とは?

2016年4月に始まった日本の電力市場の自由化ですが、日本以外ではすでに自由化さ …

広大な米国のエネルギー市場は日本とはスケールが違う?

日本の電力自由化で、先に自由化が始まっている米国はモデルケースにもなり得るため、 …

日本の電力自由化でいい意味でも悪い意味でもモデルとなるPJMインターコネクション

日本が電力自由化でモデルとしたいのはすでに自由化が進んでいる米国です。 その中で …

日本にはない、米国の電力市場の形態のひとつ「アンシラリーサービス市場」とは?

電力自由化においては日本はまだまだ未知数の世界です。 ですので、他国の自由化され …

意外と知らない世界のイベント アース・アワーって聞いたことありますか?

バレンタインにエイプリルフールなど、世界共通のイベントというのがあります。社会的 …