エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

バイオマス発電の中でも牛糞発電に乗り出す企業も

   

簡素化したシステム

バイオマス発電システムはクリーンなエネルギーということで注目されています。しかし従来のバイオマス発電システムは、発電システムが複雑で設備も高額になる傾向が見られました。その他にも機械設備の寿命も短いので、コストパフォーマンスの側面ではネックになりがちでした。ところが最近になって、より簡素な仕組みで発電システムが可能になり注目を集めています。

帯広市にある日本家畜貿易というところでは牛糞でたい肥を作って、バイオマス発電システムを開発しました。昔から糞尿を使った発電システムはありましたが、従来はメタンガスを発生させて発電する仕組みでした。しかし今回日本家畜貿易が開発したのは、たい肥を直接燃やして発電するというシステムです。

出典:jlt.ne.jp

メタンガスによる発電方式の場合、糞尿を発酵させるとかガスの脱硫・脱水する設備が必要です。ところが直接燃焼の場合、このような装置の必要がなくなります。ですから従来のシステムと比較すると1/3~1/4にコストダウンすることが可能と言われています。しかも発電の流れもシンプルになりますので、コンパクトなスペースでも発電が可能です。

糞尿を直接燃焼してしまうので、すべてがになります。ですから発酵するときに発生した廃液なども発生しにくく、余計な処理をする必要もないです。焼却灰ですが、無臭で無害、しかも栄養分も豊富なので肥料として再利用することも可能です。このように従来のメタンガス方式で問題になっていた部分が、ほぼクリアできていると言って良いでしょう。

日本家畜貿易では、鉄骨の540平方メートルの建屋の中に燃焼炉や蒸気ボイラー、発電機などを設置します。牛糞を乾燥させて、それを燃やして水を加熱します。すると蒸気が発生して、それでタービンを回すことで発電をする方式になります。

日本家畜貿易では、蒸気発電機1つで約160キロワットの出力があるといいます。もしこの発電機を24時間稼働させると、1メガワットの太陽光発電に匹敵するような電力供給能力を有するといいます。しかも発展途上で、今後は出力を265キロワットにまで高める予定だといいます。発電機の増設も検討されているため、供給電力量はさらにアップする可能性も十分期待できます。

岩手県でも牛糞発電の取り組みが

出典:kuzumaki.jp

北海道以外でも岩手県で牛糞を使った発電システムに取り組んでいるといいます。岩手県北部に葛巻町というところがあるのですが、こちらは1999年から新エネルギーの街を目指していて、バイオマス発電などにも早い段階から取り組んでいます。葛巻町は畜産業が主力産業で、そのような意味で牛糞発電にも乗り出しています。

葛巻町には「くずまき高原牧場」という第3セクターの経営する牧草地で、牛糞発電に取り組んでいます。こちらではメタンガスを使った発電システムを採用しています。

約2000頭の乳牛を飼育しているのですが、これらの排せつ物を貯留槽に集めます。そして固形物と液体物に分けて、液体物を発酵させてメタンガスを発生させます。このガスの力で発電機のタービンを回して電気を起こします。ちなみにこちらの発電機は年間で5万kWhが見込まれるといいます。

他にも町内には1万頭を超える乳牛を飼育しています。町内の人口よりも乳牛が多いので、発電するための燃料には事欠きません。

ただし葛巻町の牛糞発電システムには課題も多いといいます。現在初期費用として国の補助金を除くと9000万円程度に抑えられます。しかしメンテナンスコストとして、年間200万円程度かかります。コスパの部分で問題がありますので、より効率的なシステムを確立することが求められます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

植物と動物の中間のミドリムシだからなし得る 新しいバイオマス発電に注目

子どものときにミドリムシを勉強したときに、「これは植物でもありますし、動物でもあ …

意外と知らない 波力発電と原子力発電の3つの共通点

エコエネルギーの大切さがいよいよ叫ばれています。そのなか自然に優しいエネルギーと …

安定した再生可能エネルギー「地熱発電」に注目!

地熱という言葉を聞いたことがありますか? あるテレビ番組で芸能人たちが島で自給自 …

再生可能エネルギーの最先端技術!「圧縮空気エネルギー貯蔵(Compressed Air Energy Storage)」って何?

自然にやさしい再生可能エネルギーの開発が日本でも積極的に取り入れられています。再 …

ワタミグループの多岐にわたる活動ー「ワタミF&E:仮想発電所」の取り組み

近頃、様々な事業にかかわりをみせるワタミグループですが、ワタミ株式会社の100% …

水道管の水流を使った発電?ポートランドのLucidPipeがユニーク

水道管を使った次世代の発電法 世界中で電力は今や必要とされていて、日々発電がなさ …

風力発電大国フランスの新しい試み・Wind Tree generatorとは

ヨーロッパTOP5の風力発電容量 フランスでは風力発電による電力供給を積極的に推 …

ロシアから電力輸入構想 ソフトバンクがまた突飛なことをやりだしたらしい

ソフトバンクは2016年の7月にもイギリスの半導体メーカーARM社を買収したばか …

道路で発電?アメリカで取り組まれている太陽光発電道路とは

太陽光発電の問題を取り除ける? 太陽光発電は再生可能エネルギーの中でも、世界中で …

最近は細菌が発電するらしい! 注目を浴びている”発電菌”のこんな実力 

「電力というのは、発電機のモーターを回して発生させるもの」という考え方はもはや古 …