エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

空飛ぶ発電?Buoyant Airborne Turbineって何?

   

空を飛ぶ風力発電

自然エネルギーを使った電力供給が日本でも注目を集めています。その中でも風力発電は昔からある手法です。大地の中に大きな3枚の羽根がくるくる回っている風力発電の光景を動画や画像で目にしたことのある人もいるでしょう。しかし風力発電も発展していて、新しいスタイルの手法も登場しています。その中には「空飛ぶ風力発電」とも言えるようなシステムも開発されています。

マサチューセッツ工科大学からの独立企業のAltaeros Energies社というところでは、Buoyant Airborne Turbineと呼ばれる発電システムを開発しました。これはヘリウムガスを使ってタイヤ型の胴体を上空に浮かばせます。そしてこちらで電力を作り出すのです。

このタイヤ上になっている装置の中心部に、先ほど紹介した従来の風力発電にある3枚の羽根がついています。この羽が風を受けることでくるくる回って、電力を作り出すわけです。ちなみに空飛ぶ風力発電の設備は地上とケーブルでつながっていて固定されています。そしてこのケーブルは発電した電力を送る役割もあります。

Buoyant Airborne Turbineによって期待できる4つのメリット

従来の風力発電では、いくつか問題点がありました。その問題をクリアできるのがBuoyant Airborne Turbineです。

設置コストの問題

まずは設置コストの問題が従来の風力発電にはありました。地面にしっかりと支柱を固定しないといけないので、大規模な工事が必要でした。しかしBATの場合、空中にバルーンを浮かせるので支柱などを設置する必要がなくなります。24時間以内で設置でき、コストも大幅に圧縮できます。

発電効率

従来の風車による風力発電の場合、風向きがばらつくとどうしても電力供給にムラが生まれます。しかしBATの場合、風の流れに合わせて自由自在にバルーンが動くので効率的に風を電力に転換することが可能です。従来の風力発電と比較すると、電力効率が2倍になるというデータもあるほどです。

環境負荷の軽減

実は従来の風車を使った風力発電の場合、低周波振動が起き、人体に影響を与える可能性のあることが指摘されています。風車は地上100メートル程度の高さしかないためです。しかしBATのバルーンは地上600メートルくらいの高さまでのぼるので、人体に対する影響も心配はないでしょう。さらにこれだけの高さになれば、ブレードに鳥が巻き込まれるといった事故リスクもかなり低くなります。

悪天候時でも問題なく使用できる

風車の場合、強烈な台風が襲来するとか落雷によって壊れる恐れがあります。しかしBATの場合、柳に風ではないですが強風や落雷のエネルギーを受け流す能力を有しています。またハリケーンなどの深刻な提供が近々繰る場合には、バルーンを回収し地上のベースに移しておけば無傷で済みます。

ちなみに回収が遅れて大きな嵐に出くわし、バルーンが破損したとします。その場合でも修復は風車の修理と比較すれば、時間もコストも大幅に削減できます。

また地上とバルーンはケーブルでつながれていますが強風などでケーブルが切断された場合にも対処しています。ケーブルが破損すると、ヘリウムガスを自動的に便とする機能が備わっているので、自力で近くに着陸できるようになっているのです。

バルーンにアンテナを設置することも可能です。震災などの大規模災害が起きた場合でも、ネットやテレビの通信を確保できるという魅力もあります。日本でもBATによる発電が今後本格的に導入される可能性も十分あります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

確かにこれすごいかも! 原発よりコスト安で、クリーン電力が手に入る アジアスーパーグリッド構想

出典:nikkeibp.co.jp 原子力発電は1kwhの電力を10円くらいのコ …

ロシアから電力輸入構想 ソフトバンクがまた突飛なことをやりだしたらしい

ソフトバンクは2016年の7月にもイギリスの半導体メーカーARM社を買収したばか …

ワタミグループの多岐にわたる活動ー「ワタミF&E:仮想発電所」の取り組み

近頃、様々な事業にかかわりをみせるワタミグループですが、ワタミ株式会社の100% …

水道管の水流を使った発電?ポートランドのLucidPipeがユニーク

水道管を使った次世代の発電法 世界中で電力は今や必要とされていて、日々発電がなさ …

再生可能エネルギーの最先端技術!「圧縮空気エネルギー貯蔵(Compressed Air Energy Storage)」って何?

自然にやさしい再生可能エネルギーの開発が日本でも積極的に取り入れられています。再 …

湘南の発電床 これはすごいぞ!

電力をどうやって生み出すのか?いろいろなアイデアがあるものです。わずかな電力であ …

GPSで太陽光追跡せよ!そんなことできるの?メリットは?

太陽光発電のソーラーパネル。今や日本各地のいたる所で目にするようになりました。 …

絶対に知っておいて損はない!「発電する窓」

すべての家についているもの、あえて何かを取り付けるのではなく、普通に生活している …

最近は細菌が発電するらしい! 注目を浴びている”発電菌”のこんな実力 

「電力というのは、発電機のモーターを回して発生させるもの」という考え方はもはや古 …

道路で発電?アメリカで取り組まれている太陽光発電道路とは

太陽光発電の問題を取り除ける? 太陽光発電は再生可能エネルギーの中でも、世界中で …