エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

オール電化の家庭で停電になってしまったらどうなる?どうすれば良い?

   

マイホームを建てる、あるいはリフォームするときに「オール電化」を選ぶ人が増えています。最近ではオール電化の賃貸マンションも増えていますよね。

人気のオール電化生活ですが、気になるのが「停電したときにどうなってしまうのか」ということ。
これからオール電化を検討している人も、既にオール電化にしている人も是非チェックしてみてください。

オール電化で停電したらどうなる?

昔と比べ、インフラが整った現代は圧倒的に停電しづらくなりました。それでもまったく起こらない保証はありません。
まずは「停電したらどうなるのか」を解説します。

お湯が出ない

オール電化の家庭は給湯器も電気で稼働しています。そのため、当然お湯がでません。

中でも負担になるのが「お風呂に入れない」こと。

数時間程度ならまだしも、数日にわたって停電が続いたら…近所の銭湯や温泉にお世話になることになりそうです。

照明が使えない

当然ですが照明器具が一切機能しなくなります。
夜は暗いですし、家の中を移動するのも一苦労かもしれません。

料理が出来ない

オール電化の家庭はIHクッキングヒーターを導入していることが多いと思います。当然電気が流れないので料理はできません。

コンビニやスーパーのお弁当やお惣菜に頼る形になるかもしれません。

また電子レンジも使えないので冷凍食品に頼るのも無理ですし、そもそも冷蔵庫が停まるので食品の保存が難しくなります。

電気ケトルや電気ポットも使えないのでインスタント食品も絶望的。

オール電化で停電したときの対処方法

停電したら困る!という印象が強いオール電化ですが、しっかりと対策すればある程度はどうにかなるものです。

備えておくべきもの

最低でも以下の3つは揃えておく必要があります。

照明器具

ロウソクや懐中電灯など。最近はホームセンターや100円均一でLEDライト(携帯型・設置型)が販売されているので、一通り揃えておくと安心。

暖房・冷房器具

冬場は寒く、夏場は暑い。停電が原因で体調を崩してしまうのは避けたいところです。

冬場なら厚着をしたり、毛布を使えばある程度はしのげますが、夏場は熱中症のリスクも。団扇や扇子、保冷マットなどを備えておきましょう。

調理器具

とりあえずお湯を沸かすことができればインスタント食品で数日は過ごせます。なのでカセットコンロを日頃から備えておくと安心。

家庭用蓄電池があればより安心

初期コストが高くついてしまいますが、オール電化生活に安定感を求めるなら家庭用蓄電池が理想的です。

停電前から電気を蓄電池に蓄えておいて、いざ停電したらそちらを電源にオール電化生活が送れます。

ただし初期費用は数十万円、蓄電する電気代も考慮すると決してコストパフォーマンスに優れているとは言えません。

しかし契約している電気プラン…例えば日中は電気代が安いプランに契約しているなら、日中に蓄電して、電気代が高くなる夜間は蓄電池を使う、といった利用方法もあります。

太陽光発電が活躍

こちらも初期コストがネックですが、太陽光発電はオール電化ととても相性が良いです。

日中に太陽光を利用して発電するため、停電状態でも日中はまともに電気が使えることも。もちろん平時は電気代の節約につながります。

まとめ
今回の内容を振り返ってみると、オール電化は停電にとても弱いことが分かります。
しかし日頃からしっかりと備えておけば、短期間なら対処できるケースがほとんど。

一番安心なのは家庭用蓄電池+太陽光発電の組み合わせですが、どうしてもコストが気になるところ。

取り急ぎ活躍してくれるカセットコンロはすぐにでも準備しておいた方が良さそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

電気代が高くて家計が厳しい…そんなときには契約中のアンペアの見直しを

アンペアはそもそも何? 月々の電気料金が高くて家計をひっ迫している…このような悩 …

一般家庭の温水器では主流・でもガス給湯器には罠がある

バリエーション豊富なガス給湯器だけれども… 一般家庭の温水器として利用されること …

1番低いアンペア契約で生活することはできる?節約しつつ現実的なアンペア数とは?

電気代は「契約アンペア数」に応じて基本料金が決定されています。 そしてアンペア数 …

新しい家電をチェック!省エネモードがあればどんどん活用しよう

消費電力を下げてくれる省エネ設定 電気料金が高くて、少しでも節約できないかといろ …

家電が多くて電気代が結構かかる…そんな人は電力会社の見直しで節約できるかも

電気料金が結構かかる人は電力会社の見直しを 電気料金は毎月発生するので、家計に対 …

毎月気になる電気料金・いくらになるか自分で計算できるのは本当?

消費電力と使用時間によって決まる電気料金 毎月電気料金の請求が来るでしょう。 と …

同じ電力量でも代金が違う?電気料金の3種類の支払い方法をうまく活用

3種類の支払方法 皆さんが普段使っている電気代ですが、毎月支払っているはずです。 …

ファミリーの電気料金、どこあたりが目安になるの?

4人家族の電気料金の平均は年間14万円強 所帯持ちの方で、電気料金が家計の大きな …

換気扇の電気代はどのぐらいかかるのか?いくら?実は言うほど電気代はかからないし、回しっぱなしのメリットもある!?

自宅を見てみると、お風呂場、トイレ、そしてキッチンに換気扇があります。家によって …

家電によって電力消費は異なる・電気代のかかる家電ワースト5を紹介

家電によって異なる消費電力 皆さんの自宅にいろいろな種類の家電があるはずです。こ …