エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

今月の電気代が高い!そんな時には漏電も疑ってみよう!

   

毎月届く電気代のお知らせ。先月と同じくらいしか電気を使っていないはず…なのに今月は電気代が高い!そんな経験をしたらどうしましょう。

今回は突然電気代が高くなる原因とその対策方法をまとめます。

考えられる原因は4つ!

メーターの故障

電気代は検針員が電気メーターを読み取って算出しています。
つまり、電気メーターが故障していつもよりも多くカウントしている可能性が

最近でこそスマートメーターが普及し始めてきたので、メーターが故障するリスクは下がると考えられますが、まだまだアナログメーターがメイン。

ほとんど電気を使っていない、にも関わらず電気メーターの円盤がぐるんぐるん激しく回っていないか確認してみましょう。

漏電

例えば古い家に住んでいて、配線が切れていたり、家電が気づかないうちにショートしていたり…といったケースで漏電していると、その分だけ電気を多く消費してしまいます。
すると当然電気代が異常に高くなります。

最近のブレーカーは漏電防止装置が搭載されているので可能性は低いのですが、全くないとは言い切れません。

また、漏電に気づかないまま生活を送っていると、ある日突然火災に発展するリスクも。

まずは家電の状態をチェックしてみて、電気会社に問合わせましょう。

盗電

「まさか…」と思いたいところですが、実際にありうる話です。ある月を境に、ずっと電気代が高いなら盗電の可能性が高まります。

多くは気づかれない程度に抑えるものですが、中には月数万円単位の電気を盗むケースもあります。1ヶ月に1回しか電気代を確認しないので、その間に盗めるだけ盗んでしまおう!という発想ですね。

盗電の可能性があるなら、電力会社への連絡はもちろん管理会社に連絡して配線を確認してもらわなくてはなりません。

単純に電気の使いすぎ

可能性が高いのはこれでしょう。特に冬場や夏場はエアコン、暖房機器の使用によって電気代が一気に跳ね上がることも。

またIHクッキングヒーターは意外と電気代がかさみやすいので「今月は何を作ったかな?」と振り返ってみましょう。冬場は鍋物や煮物を作る機会が増えるので、例え暖房器具をあまり使っていなくても電気代が高くなることはしばしばあります。

まとめ
いかがだったでしょうか。中でも一番怖いのは「漏電」だと思います。火災など身に危険が及ぶ可能性があるのでいち早く発見したいところ。

単純に電気の使いすぎの可能性が高いので、まずは今月の電気の使い方を振り返ってみるのが一番良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

換気扇の電気代はどのぐらいかかるのか?いくら?実は言うほど電気代はかからないし、回しっぱなしのメリットもある!?

自宅を見てみると、お風呂場、トイレ、そしてキッチンに換気扇があります。家によって …

ブレーカーの落ちる理由は?原因と対策方法のまとめ

電子レンジを点けた途端ブレーカーが落ちた…など肝心なときに限ってブレーカーが落ち …

エコキュートのメーカー5社のまとめ!どのメーカー、商品を選ぶ?

エコキュートを設置することで従来の給湯器よりもグッと光熱費を抑えられるようになり …

1番低いアンペア契約で生活することはできる?節約しつつ現実的なアンペア数とは?

電気代は「契約アンペア数」に応じて基本料金が決定されています。 そしてアンペア数 …

エアコンをつけっぱなしにするのとこまめに消すのとではどちらがお得?

あるツイートが話題に 猛暑がもう当たり前になってきた昨今の夏、エアコンがもはや欠 …

電気代を節約したい!何年も使っている古い家電は買い替えるべし

壊れてからでは遅いかも? 皆さん家電を購入するタイミングはどうしていますか? お …

新しい家電をチェック!省エネモードがあればどんどん活用しよう

消費電力を下げてくれる省エネ設定 電気料金が高くて、少しでも節約できないかといろ …

毎月気になる電気料金・いくらになるか自分で計算できるのは本当?

消費電力と使用時間によって決まる電気料金 毎月電気料金の請求が来るでしょう。 と …

家電によって電力消費は異なる・電気代のかかる家電ワースト5を紹介

家電によって異なる消費電力 皆さんの自宅にいろいろな種類の家電があるはずです。こ …

一般家庭の温水器では主流・でもガス給湯器には罠がある

バリエーション豊富なガス給湯器だけれども… 一般家庭の温水器として利用されること …