エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

厳しい夏場の暑さに欠かせないエアコン・節電のための上手な使い方

   

エアコンは電気を食う家電?

夏場、時に最高気温が40度に達する地域もあるくらい、厳しい暑さに見舞われることがあります。

そんなときに快適に屋内で過ごすために欠かせないアイテムが、エアコンです。今ではほとんどの家に一台はエアコンが設置しているのではありませんか?しかし夏かなり厳しい暑さでも、エアコンはなるべく使わないようにしている家庭も多いようです。なぜなら、エアコンは電気代のかかるというイメージが蔓延しているからです。

確かに10年以上前の機種であれば、エアコンはかなり電力を使う家電だったかもしれません。しかし近年のエアコンを見てみると、センサーの搭載されているものが多いです。このため室温が暑ければしっかり冷やしますが、適温に到達するとそれを維持することはあってもそれ以上に冷やさないような構造になっています。ですから思っているほど電力消費をしているわけではないのです。

35度とか40度といった気温の場合、エアコンをつけていないと室内はそれ以上の温度になることもありますしかし中には「エアコンをつけると電気代がもったいない」と言。って我慢してしまう人もいます。その結果熱中症になって、命にかかわる状態になる事例もニュースなどで報道されています。そんなことになるくらいであれば、エアコンをどんどん活用した方が良いのです。

つけっぱなしにしていた方がお得

エアコンの電気代を気にして、ちょっと部屋を外すときなどこまめにスイッチを切る人もいるようです。しかしこれはむしろ電気代節約の観点からすれば、逆効果になっている可能性が高いです。実はエアコンの電力消費量のピークはスイッチを入れた時です。

むしろエアコンをつけてしばらく経過して、設定した温度になればそこからはその室温を一定に保つことしかしていないのです。この時最も電力消費をするコンプレッサーは基本全く動いていないので、ちょっと家を空けるくらいのレベルであれば、つけっぱなしにしていた方が電気代はかからないとされています。

電気代節約のために微風設定

最近のエアコンを見てみると、強風と弱風、微風といった感じで風量を何段階かに設定している機種もしばしば見られます。電気代を節約するのであれば、微風のようなよわめの風量に設定した方が良いのではないか、このように考える人も多いようです。

しかし近年のエアコンは、コンピューター技術が随所に駆使されています。このため、部屋内の室温をセンサーでしっかり管理しています。中には人の体温なども感じることのできる機種もあるほどです。ですから自動運転にするのが、風量を適切にコントロールしてくれるので快適かつ無駄な電力消費を防げます。

気を使って弱風や微風のような設定にしてしまうと、逆に部屋の中の温度が設定したところまでなかなか下がってくれます。その結果、無駄な電力消費を招き、節電とは真逆の効果になってしまうかもしれません。

電気代を考えれば冷房よりもドライ?

夏場の暑い時期に冷房ではなく、ドライを使っているという人もいるでしょう。ドライは部屋の湿度をとるだけなので、電気代が冷房と比較してかからないからという理由を挙げる人もいます。しかしこれも大きな誤解で、冷房とドライを比較するとむしろドライの方が電力を食う傾向が見られます。

ドライの中でも再熱除湿と呼ばれる方式をとっているエアコンは、特に注意が必要です。このタイプのエアコンは、室内機の中で部屋の空気を除湿するのですが、この時空気を冷やす作業も行っています。そして下がりすぎてしまうので、またある程度熱を加えて設定温度にして室内に戻すという作業を行っています。このように複雑な作業を行っている分、ドライの方がむしろ電力は消費するのです。このような勘違いを理解した上で、節電対策を施しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

安全性で注目!IHクッキングヒーターで電気代を節約する方法って?

IHクッキングヒーターを使うとコストがかかる? 自宅でIHクッキングヒーターを利 …

エコにこだわりたい!自然エネルギーを使っている電力会社5選!

自然エネルギーにこだわる 2016年4月から電力自由化の始まったのは、テレビなど …

加湿器で乾燥対策でも電気代が…そんな人におすすめな電気を使わないエコ加湿器

電気を使わない加湿器 部屋の空気が乾燥しているのは気になるという人もいるでしょう …

携帯キャリアで電力サービスも!一緒にするとお得?

スマホ・ケータイユーザーは注目 スマホや携帯電話を持っている人も多いでしょう。実 …

敬服! 60代以上の方はこうやって省エネしている

将来を見据えて必要なのは発電量を増やすことではなくて、省エネすることだと言われて …

冬!到来前に知っておきたい。暖房つけっぱなしの結果!

本格的な冬が来る前に、エアコンの暖房の節約方法を心得ておきたいものですね。 例え …

昭和の暮らしを意識しよう!東京でも月の電気料金が500円で生活可能

2016年に東京で月々500円の電気代? 毎月郵便ポストに入れられる電気料金の請 …