エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

古くなったドライヤーは電気を食う?買い替えた方が良いの?

   

ヒーターに関してはあまり変わらない

よく家電は新しい方が節電効果も高いので古い機種を使っていると、無駄に電気料金を支払わないといけないといったことが言われます。確かにそのような家電製品があるのは事実です。

しかし結論から言ってしまうと、ドライヤーは5年前とか10年前、15年前の機種と比較して、それほど消費電力や電気料金にはっきりとした違いは見られないでしょう。

ドライヤーの場合、ヒーターに電気を流して発熱し、それでできた熱風を髪の毛に当てることで乾燥させていきます。この構造ですが、あまり新しいものも古いものも基本的なシステムは変わりません

そしてドライヤーの電力消費の割合で見てみると、このヒーターが全体の95%くらいを占めると言われています。ちなみに残りはモーターなどです。

モーターは5年前や10年前、15年前と比較すると若干省エネ化が進んでいます。ただしモーターの消費電力は15年くらい前と比較すると15~20%くらいの消費電力のダウンがあるかもしれませんが、1200Wの場合20W前後ですから、それほど電気料金には大きな違いはないでしょう。

ヒーターに関しては、25年くらいに技術革新はあまり進んでいません。ですから消費電力をはじめとして、基本的な部分はあまり大きな違いがないとされます。よって、電気代を節約するために、今使えている古い機種と交換する必要性がそこまで高いものではありません。

ちなみに新旧で消費電力や電気料金がはっきり違う家電として、冷蔵庫やエアコンがあります。いずれも共通しているのは、コンプレッサーを使って冷やすというアプローチです。

コンプレッサーの効率や断熱材の使い方などはだいぶ技術革新が進んでいるので、新しい機種の方が消費電力も少なくなります。ドライヤーの場合、そこまで複雑に要因の入り組んだ家電ではないので新旧の機種で明らかな消費電力の違いにはなりません。

ちなみにドライヤーの消費電力ですが、1時間で1200Wというものが多いです。これは5年前や10年前、15年前でも大きな違いはないはずです。

もしドライヤーを1日3分利用した、そして電気料金が1分当たり22円であったと仮定した場合、1日当たりの電気料金は1.32円となります。1か月の電気料金は、39.6円程度になるでしょう。

ドライヤーが故障したので新しいものに買い替え!節電を考えた場合のおすすめ機種は?

もし古いドライヤーが故障した・どうも調子がおかしいというのであれば、新しい機種との買い替えを検討しましょう。ドライヤー選びにあたって、とにかく節電を意識しているのであれば、以下の機種を中心に品定めをしていくと良いでしょう。

ナノセラミックドライヤー HAIR SPA

先ほども紹介したように、昔も今もドライヤーのほとんどの機種が1200Wの消費電力になっています。しかしナノセラミックドライヤー HAIR SPAは消費電力を従来の2/3である800Wとしているのです。

消費電力が1/3ダウンすると髪の毛の渇きも悪くなると思っているかもしれません。しかし遠赤外線を80%含めることによって、1200Wのドライヤーと比較してそん色ないスピーディな乾燥を可能にしています。

エラシアル

エラシアルも消費電力量を少なくすることで、電気料金節約できるドライヤーです。こちらの消費電力は実に550Wで、従来の半分にもなりません。

これだけ消費電力が少ないとパワーに不安を感じるかもしれません。しかし1200Wとはいかないまでも1000Wと比較して引けの取らないパワーを持っているので、普通に髪の毛を乾かすのであればそれほどパワー不足を感じることもないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

梅雨のジメジメ時期…除湿器を購入する際のタイプ別特徴紹介

コンプレッサー式とゼオライト式の2種類に大別できる除湿器 梅雨の時期になるとジメ …

家庭もLED化!照明器具を変えると電気代がお得になる

LED電球に変えれば節電効果が期待できる 照明は私たちのナイトライフに欠かせない …

長年愛用している冷蔵庫・もしかすると電気代を無駄遣いしているかも?

昔の冷蔵庫と最新型冷蔵庫は節電能力が異なる 冷蔵庫は家電の中でもかなり大型で、な …

朝食のお供に・トースターの電気代ってどの程度かかるの?

3種類あるトースター 朝食はトーストを食べるという家庭も多いでしょう。そのような …

昔のエアコンは買い替えるべき?電気代を比較してみた

古いエアコンはエネルギーを多く消費する エアコンは家電の中でも最も電気料金を食う …

エアコン選びで欠かせないサイズ・部屋別おすすめのエアコン3選を紹介

帯に短しタスキに長しではダメ エアコンを購入するために電気量販店で商品をチェック …

電気代で見た場合空気清浄機をこまめに交換する必要はないけれども…

空気清浄機は電気代のかからない家電 大気汚染の気になる家庭の中には、空気清浄機を …

一般家庭に欠かせないテレビ・最新型の薄型テレビに変えると電気代もお得に

最新の液晶テレビの節電能力はすごい! 一般家庭にもはや欠かすことのできなくなって …

古い洗濯機は電気代がかかる?故障しなくても買い換えた方が良いの

洗濯機だけなら電気代はあまり変わらない 家電の中でも冷蔵庫とともに大型なのは、洗 …

新しい食器洗い機の方が電気を食う?それは多機能になったから

歴史は古い・でも普及が遅かった食器洗い機 食器洗い機の発売されたのは1965年の …