エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

いろいろな料理で楽しめる!ホットプレートの電気代はどのくらいかかるの?

   

2種類ある加熱方式

ホットプレートは価格の割にはいろいろな料理で活用できるので、一家に一台あるとなかなか便利です。このホットプレートを購入するにあたって、注目してほしいことの一つに加熱方式があります。現在販売されているホットプレートですが、2つの方式に分類できます。

一つ目は電気ヒーター方式です。プレートの中に電気ヒーターが搭載されていて、この力によって加熱していきます。

電気ヒーターのメリットは、比較的リーズナブルな価格で購入できるところです。ただし焼きムラの起こりやすいのが弱点で、中央部は熱しやすいのですが四隅は温まりにくい構造をしています。

もう一つの方式が、IH方式です。プレートそのものが熱を発する方式で、電気ヒーターと比較すると熱効率に優れています

また電気ヒーターのような焼きムラが起きることも少ないですから、調理能力という点では電気ヒーター方式よりも優れています。ただし電気ヒーターのホットプレートと比較すると高額な商品が多いのは考えどころです。

ホットプレートで調理・電気代はどのくらいかかる?

ホットプレートの購入を検討している、しかも結構頻繁に利用しようと思っている家庭の中には電気代がどのくらいかかるのか気になるという人もいるでしょう。そこでここでは、ホットプレートの電気代の目安について紹介します。

ちなみにこれから紹介する電気代ですが、1時間ホットプレートを使って調理した場合を想定しています。また電気代の単価ですが、新電力料金単価の27円で算出しています。

現在販売されているホットプレートを見てみると、消費電力は1200~1350W程度のものが多いです。この程度の消費電力のホットプレートで1時間調理した場合、かかる電気代は32.4~36.45円となります。ちなみに調理時間を短縮できれば電気代も安く済むわけですから、十分に火が通ったら保温にして無駄な電力消費を避けることが大事です。

おすすめホットプレート3選

ホットプレートを購入したいけれども、商品が多すぎてどれを購入すればいいかわからないという人もいるでしょう。そのような人のために、オススメのホットプレートを3つ紹介しましょう。

IH陶板焼き器 CRX-A100

ホットプレートを購入するにあたって、できるだけ節電効果のあるものが良いと考えている人もいるでしょう。そのような人におすすめなのが、タイガーのIH陶板焼き器 CRX-A100です。

IH陶板焼き器 CRX-A100は消費電力が少ないです。消費電力は700Wで、先ほど紹介した一般的なホットプレートよりも消費電力の少なさは群を抜いています。1時間調理しても電気代は20円を切るはずで、かなりの節電効果が期待できます。

商品名の通り、プレートには本当の陶板を使っています。遠赤外線効果によって、中までしっかり火を通してくれます。

IHホットプレート ブラック KZ-HP1000-K

パナソニックから販売されているこのホットプレートは、「ホットプレートがほしいけれどもどれにしていいかわからない」という初心者におすすめの商品です。加熱コースや揚げ物コース、味しみこみコースなどに分けられているのでボタン一つで調理したい料理を作れます。

プレート全体を加熱できるようになっています。ですから焼肉でもお好み焼きでも、焼きムラなくおいしく仕上げられます。

IHホットプレート KZ-HP2000-K(ブラック)

こちらもパナソニックから販売されているホットプレートです。ih対応鍋を使えば、揚げ物料理を作ることも可能で料理のバリエーションも広げられます

加熱の効率性のすぐれたホットプレートです。このため優れた省エネ性能があり、電気代を節約したい人にもお勧めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

一般家庭に欠かせないテレビ・最新型の薄型テレビに変えると電気代もお得に

最新の液晶テレビの節電能力はすごい! 一般家庭にもはや欠かすことのできなくなって …

新しい食器洗い機の方が電気を食う?それは多機能になったから

歴史は古い・でも普及が遅かった食器洗い機 食器洗い機の発売されたのは1965年の …

家庭もLED化!照明器具を変えると電気代がお得になる

LED電球に変えれば節電効果が期待できる 照明は私たちのナイトライフに欠かせない …

古くなったドライヤーは電気を食う?買い替えた方が良いの?

ヒーターに関してはあまり変わらない よく家電は新しい方が節電効果も高いので古い機 …

新生活スタートに欠かせない家電製品・現代生活に欠かせない6つの家電とは?

家電を購入するときにはいろいろ検討を加えよう 新生活をスタートする人は、いろいろ …

エアコン選びで欠かせないサイズ・部屋別おすすめのエアコン3選を紹介

帯に短しタスキに長しではダメ エアコンを購入するために電気量販店で商品をチェック …

朝食のお供に・トースターの電気代ってどの程度かかるの?

3種類あるトースター 朝食はトーストを食べるという家庭も多いでしょう。そのような …

消費電力の大きな電子レンジ・新しい機種の方が電気代はお得になる?

10年前の電子レンジであれば交換する必要はなし 近年の家電業界の技術革新によって …

掃除機を買い替えたい!電気代をお得にするにはどうすればいいの?

掃除機選びで基本性能は忘れずチェックを 現在ではいろいろなメーカーから掃除機が販 …

電気代で見た場合空気清浄機をこまめに交換する必要はないけれども…

空気清浄機は電気代のかからない家電 大気汚染の気になる家庭の中には、空気清浄機を …